HOME > ニュース >

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの「I Only Said」を米ピアニストのウォルト・ワグナーがピアノ・カヴァー

2017/11/11 04:41掲載
Walt Wagner / Reworks
Walt Wagner / Reworks
マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(My Bloody Valentine)の「I Only Said」(『Loveless』収録)をピアニストのウォルト・ワグナー(Walt Wagner)がピアノ・カヴァー。試聴可。この音源は、ロック名曲のピアノ・カヴァー集『Reworks』に収録。



ウォルト・ワグナーは、シアトルを拠点に活躍したピアニストで、ロック&ポップスをピアノのアレンジでプレイすることで知られています。シアトルのレストラン、カンリス(Canlis)で20年以上演奏していましたが2016年10月に引退しています。

今回リリースされるピアノ・カヴァー集『Reworks』は、ラスト公演の会場で客入り前にライヴ・レコーディングをしたもの。マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、DJシャドウ、プリンス、フリート・フォクシーズ、フェニックス、バンド・オブ・ホーセズなどのカヴァーが収録されます。

発売は海外で11月17日。リリース元はSub Pop。

以下は以前に公開された音源

Walt Wagner - Building Steam with a Grain of Salt (piano rendition of a DJ Shadow track)


Walt Wagner - The Funeral (piano rendition of Band of Horses song)
●『Reworks』

1. Building Steam with a Grain of Salt
2. I Only Said
3. Desiree
4. Mykonos
5. 1901
6. Bondye
7. No One's Gonna Love You
8. Purple Rain
9. The Funeral
10. Play
11. Ever Fallen in Love (With Someone You Shouldn't've)