HOME > ニュース >

ダイナソーJr.のJ・マスシスが往年のパンク・ドラム・ビートについて実演を交えて解説、映像公開

2017/10/31 14:19掲載
J Mascis Plays Classic Punk Drum Beats | Reverb Interview
J Mascis Plays Classic Punk Drum Beats | Reverb Interview
ダイナソーJr.(Dinosaur Jr.)のギタリスト、J・マスシス(J. Mascis)が、往年のパンク・ドラム・ビートについて実演を交えて解説した映像が公開中。

マスシスは、ツアーやスタジオで長年にわたって使用した楽器/機材のプライベート・コレクションを、楽器専門の売買/マーケットプレイス・サイト「Reverb」にて販売する予定。ここに出品する自身のドラムセットを使って往年のパンク・ドラム・ビートについて解説しています。

ちなみに、マスシスは、ストーナー・ロック・バンド、ウィッチ(Witch)ではドラムを担当しています



「Reverb」内に10月31日にオープンするJ・マスシスのオフィシャル・ショップでは、ギター、アンプ、シンセ、エレクトリック・シタール、ドラム、エフェクトなど100点以上のアイテムが販売される予定。中にはヴィンテージ・ギターなどの貴重なものもあるようです。

J・マスシスは「これらを売るのはきついが、ギターや機材が積み重なって録音するスペースが少なくなった時、もう使わない機材は処分しなければならない。もし機材が良い貰い手に渡すことができれば、俺はさらに多くのものを買えるスペースが増える」とコメントしています。

以下は以前に公開された映像

取り扱う楽器/機材をJ・マスシスが実演を交えて解説する映像


●The Official J Mascis Reverb Shop | Reverb.com
https://reverb.com/news/j-mascis-of-dinosaur-jr-to-sell-massive-lot-of-excess-gear-on-reverb