HOME > ニュース >

NHK保管のレコードをひたすらかけまくるNHK FMの10時間番組『今日は一日“浜松アーカイブス”三昧』が11月3日放送

2017/10/16 21:38掲載(Last Update:2017/11/03 08:16)
NHK FM『今日は一日“浜松アーカイブス”三昧』(c)NHK
NHK FM『今日は一日“浜松アーカイブス”三昧』(c)NHK
NHK浜松支局に保管されている、放送番組のために集められたレコード約34万枚。このレコードを10時間にわたって、ひたすらかけまくるNHK FM『今日は一日“浜松アーカイブス”三昧』が6年ぶりに放送決定。11月3日(金・祝)午後0時15分よりオンエア。曽我部恵一土岐麻子らがゲスト出演予定。番組ではリクエスト・メッセージを募集中。

●NHK FM『今日は一日“浜松アーカイブス”三昧』

11月3日(金・祝)
午後0時15分〜6時50分(前半)
午後7時20分〜10時45分(後半)

昨今では若者たちを中心にアナログレコードの人気が高まっていますね!
NHK浜松支局には放送番組のために集められたレコード、およそ34万枚が保管されています。このレコードをひたすらかけまくる三昧が6年ぶりに帰ってきます。秋も深まる「文化の日」の午後、ゆったりとお楽しみください。

<出演者>

【司会】

☆矢口清治
ラジオDJ、音楽ライターとして長年活躍。その低音の魅力とリスナーに対する真摯な姿勢で、多くのファンを持つ。2009年から3年にわたって放送した「今日は一日“浜松アーカイブス”三昧」では通算6日間にわたって総合司会を務めた。洋楽ポップスに限らず、良質な音楽に対する懐の深さは抜群である。

☆満津岡信育
音楽評論家。NHK-FM「名演奏ライブラリー」の案内役を務める。クラシックを中心に、古今東西の名演奏に精通し、数々の演奏家へのインタビューも行ってきた。名盤や珍盤を始め、レコードに刻まれた音楽の知識は右に出る者がいないほど豊富である。

【ゲスト】

☆岩村 力
指揮者。早稲田大学理工学部電子通信学科、および桐朋学園大学演奏学科を卒業後、マスタープレイヤーズ指揮者コンクール優勝ほか数多くの国際コンクールにて入賞。2010年から兵庫芸術文化センター管弦楽団レジデント・コンダクター。父の影響もあり、自身も理工学部出身ということで演奏だけでなく、レコードの技術にも詳しい。

☆曽我部恵一
ミュージシャン。ロックバンド「サニーデイ・サービス」のボーカル&ギターで1994年にメジャーデビュー。唯一無二の存在感で若者たちに絶大なる人気を誇る。作詞・作曲・プロデュースなど多岐にわたり活躍、音楽に対する興味も多岐にわたる中、アナログレコードに対する思い入れは格別である。

☆土岐麻子
ミュージシャン。Cymbalsのリードシンガーとして、1997年にインディーズ、99年にメジャーデビュー。2004年のバンド解散後にソロ活動を開始。歌唱のほかにもナレーションなど“声のスペシャリスト”として活躍、男性のみならず女性にも多大な人気を誇る。11月には自身のアルバムのアナログ盤をリリースするなど、音に対しては並々ならぬ探究心を持つ。

【コメントゲスト】
久保田利伸、小林克也、濱田滋郎、別所哲也 ほか

詳細およびリクエスト・メッセージは以下のURLのページで
http://www4.nhk.or.jp/zanmai/307/