HOME > ニュース >

ティム・バックリィの未発表ライヴ・アルバム『Venice Mating Call』がSpotifyで全曲リスニング可

2017/10/13 04:45掲載
Tim Buckley / Venice Mating Call
Tim Buckley / Venice Mating Call
ティム・バックリィ(Tim Buckley)が1969年9月にロサンゼルスのクラブ「Troubadour」で3日間に渡って行ったコンサートの模様を収めたライヴ・アルバム『Live At The Troubadour 1969』(1994年)。このアルバムに収められていない未発表ライヴ音源を収めたアルバムがSpotifyで配信開始。全曲リスニング可。1CD版とアナログレコード版がある『Greetings From West Hollywood』と、2CD版の『Venice Mating Call』の2タイトルあり。





2タイトルとも海外で10月13日発売。リリース元はManifesto Records。

今回のリイシューは、プロデューサーのビル・イングロットが最近になって、これまで発売されていない同公演のライヴ音源を発見したことで実現しています。『Greetings From West Hollywood』には全9曲を、『Venice Mating Call』には全13曲を収録

以下は以前に公開された音源

「Buzzin' Fly」
●『Venice Mating Call』
Buzzin Fly
Strange Feelin’
Blue Melody
Chase the Blues Away
Venice Mating Call
Gypsy Woman
I Don’t Need It To Rain
Driftin’
(I Wanna) Testify
Anonymous Preposition
Lorca
I Had A Talk With My Woman
Nobody Walkin’

●『Greetings From West Hollywood』


Buzzin’ Fly
Chase the Blues Away
I Had A Talk With My Woman
Blue Melody
Nobody Walkin’
Venice Mating Call
I Don’t Need It to Rain
Driftin’
Gypsy Woman