HOME > ニュース >

スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン ソロ・アルバム『Ogilala』がSpotifyで全曲リスニング可

2017/10/13 03:27掲載
William Patrick Corgan / Ogilala
William Patrick Corgan / Ogilala
スマッシング・パンプキンズ(Smashing Pumpkins)のフロントマン、ビリー・コーガン(Billy Corgan)が本名のウィリアム・パトリック・コーガン(William Patrick Corgan)名義でリリースするソロ・アルバム『Ogilala』。Spotifyで配信開始。全曲リスニング可



アルバムは海外で10月13日発売。リリース元はBMG。ソロ・アルバムのリリースは2005年の『TheFutureEmbrace』以来。プロデュースはリック・ルービン(Rick Rubin)。レコーディングはマリブのシャングリ・ラ・スタジオで行われています。

アルバム収録曲「Processional」には、元スマッシング・パンプキンズのジェームス・イハ(James Iha)が参加。またアルバムには未収録で“B面になるだろう”とコーガンが語るもう1曲のコラボレーション曲も存在するとのこと。2人がコラボレーション曲をリリースするのは、スマッシング・パンプキンズの2000年アルバム『Machina II/The Friends & Enemies of Modern Music』以来。なお、2人は2016年にライヴで共演しています。

ビリー・コーガンは、この『Ogilala』をサウンドトラックに用いたショートフィルム『PILLBOX』を制作。Linda Strawberryとの共同監督作品で、ビリーは脚本も担当しています。この作品はロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク、シカゴでプレミア上映される予定です。

以下は以前に公開された音源・映像

「The Spaniards」


『PILLBOXのトレーラー映像


「Aeronaut」
●『Ogilala』

01. Zowie
02. Processional
03. The Spaniards
04. Aeronaut
05. The Long Goodbye
06. Half-Life Of An Autodidact
07. Amarinthe
08. Antietam
09. Mandaryne
10. Shiloh
11. Archer