HOME > ニュース >

元レインボー、鍵盤奏者トニー・ケアリー(トニー・カレイ)のソロ作『Some Tough City』が紙ジャケ再発

2012/08/18 13:49掲載
Tony Carey / Some Tough City
Tony Carey / Some Tough City
リッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore)率いるレインボー(Rainbow)で2代目キーボーディスト(75〜77年)として在籍、またプログレッシヴなサウンドで話題を集めたプラネットPプロジェクトでの活躍でも知られる、鍵盤奏者のトニー・ケアリー(トニー・カレイ/Tony Carey)。82年発表のソロ作『Some Tough City』が紙ジャケット再発。9月13日発売。AIR MAIL RECORDINGSからのリリース。

米国盤LPを元にした紙ジャケ化で、音源は2012年24ビットリマスタリング音源を採用。ボーナス・トラック1曲収録。
●『Some Tough City』
AIRAC-1676 税込定価:\2,730

1. A Fine, Fine Day
2. A Lonely Life
3. Eddie Goes Underground
4. The First Day Of Summer
5. Reach Out
6. Tinsel Town
7. Hungry
8. I Can Stop The World
9. Some Tough City
10. She Can Bring Me Love

[BONUS TRACK]
11. Say It’s All Over