HOME > ニュース >

レッド・ツェッペリン ジョン・ボーナムの彫像がジョンの生まれた街に設置へ

2017/09/14 14:34掲載
John Bonham
John Bonham
レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のドラマー、ジョン・ボーナム(John Bonham)の彫像/記念碑がジョンの生まれた街である英ウスターシャー州レディッチに設置される予定。

地元メディアRedditch Advertiserによれば、記念碑の設置は2013年より計画が進められていたそうで、同年に立ち上がったジョン・ボナム記念基金(JBMF)への寄付を主な資金として記念碑が制作される予定。

英国の彫刻家マーク・リチャーズが手がける記念碑は円弧状で、高さ約180cm、幅490cm、奥行き125cm、重さ2,500kg以上。360度のどの視点からでも楽しめるデザインとなる予定。設置計画は10月11日に行われるレディッチの協議会で正式決定される予定。2018年5月のジョン・ボーナム生誕70年までには公開したい考えのようです。

ジョン・ボナム記念基金のスタッフで、またレディッチでレコード店を経営するロス・サイダウェイは「記念碑は街のためだけでなく、彼がレディッチで生まれたことを知らないだろう若い人にジョンのプロフィールを伝えるのに役立つ。そして、これは街に誇りを持たせる助けとなるだろう」と述べています

■彫像イメージ