HOME > ニュース >

米ガールズ・オルタナ・バンドL7 18年ぶりの新曲リリースを発表

2017/09/13 13:11掲載
L7: Pretend We're Dead
L7: Pretend We're Dead
2015年にオリジナル・ラインナップで再始動した、ガールズ・オルタナティブ・ロック・バンド、L7。18年ぶりの新曲リリースを発表。バンドのキャリアを探究したドキュメンタリー映画『L7: Pretend We're Dead』のリリースにあわせ、新シングル2タイトルを今秋にリリースします。第1弾は9月29日リリース。リリース元はDon Giovanni Records。2曲ともレコーディングはハリウッドのEastWest Studiosで行われ、ビリー・ブッシュ(Muse, Garbage, Beck)がプロデュースを手がけています。L7の新曲リリースは1999年以来。

ドキュメンタリー映画『L7: Pretend We're Dead』は9月1日より米国の一部都市で限定上映され、10月13日にBlu-ray/DVDが海外で発売されます。

数年前から制作が行われていた本映画の監督はサラ・プライス(『American Movie』『イエスメン〜大資本と戦うお笑いテロリスト〜』)。

映画では、1985年のバンド結成から2001年の解散までを、関係者らのインタビューや、新たに発掘された未発表ライヴ映像、インタビュー映像、パーソナル・ホーム・ビデオなどを用いて追跡。インタビュー出演は

Exene Cervenka (X)
Lydia Lunch
Shirley Manson (Garbage)
Louise Post (Veruca Salt)
Joan Jett
Brody Dalle
Allison Wolfe (Bratmobile)
members of 7 Year Bitch
Krist Novoselic (Nirvana)
Allison Robertson

他です

以下は以前に公開されたトレーラー映像