HOME > ニュース >

フォークソングを9時間にわたって紹介 NHK FM『今日は一日“フォークソング”三昧 〜あぁ、これが青春!〜』9月23日放送

2017/09/07 20:43掲載
NHK FM 『今日は一日“フォークソング”三昧 〜あぁ、これが青春!〜』
NHK FM 『今日は一日“フォークソング”三昧 〜あぁ、これが青春!〜』
フォークソングを9時間にわたって紹介する『今日は一日“フォークソング”三昧 〜あぁ、これが青春!〜』がNHK FMで9月23日(土・祝)放送。番組ではメジャーなフォークソングはもちろん、知る人ぞ知る「フォークソングの達人の名曲」の数々をもたっぷり紹介。廃盤になってしまった個人秘蔵品のソノシート音源なども放送される予定です。リスナーからのリクエストやエピソードも募集中です

●『今日は一日“フォークソング”三昧 〜あぁ、これが青春!〜』
NHK FM 9月23日(土・祝)
午後0時15分〜6時50分(前半)
午後7時20分〜9時00分(後半)

1960年代にアメリカで生まれた「フォークソング」。
その後、ベトナム戦争が始まり、反戦と平和を訴える学生たちの中から自然発生的に「歌で平和を取り戻そう!」の精神から新しい「フォークソング」生まれてきました。

日本でも、そのベトナム反戦歌に影響を受け、「フォークの神様」と呼ばれた岡林信康が数々の「体制批判」や「差別」に対し抗議をする「メッセージソング」を、高田渡が独得な内省的フォークソングを、また小室等らが正統なアメリカンフォークソングを演奏し、全国にフォークソングが徐々に浸透するようになりました。
そして、1970年「イメージの詩」「マークII」を発表した吉田拓郎の登場により、フォークソングの歴史は大きく変わりました。
その後、井上陽水、南こうせつとかぐや姫、イルカ、泉谷しげるなど続々と「大衆に伝わるフォークソング」を歌うスターが現れ日本の音楽界にもフォークソングが定着しました。

この、「フォークソング三昧」は、メジャーなフォークソングもとことんお聴かせしますが、知る人ぞ知る「フォークソングの達人の名曲」の数々をもたっぷり紹介。廃盤になってしまった個人秘蔵品のソノシート音源などもお聴かせします。
とにかく「フォークソング」をかけまくり、一日中フォークソングを聴いて「あの頃、あなたが1番楽しかった時代にタイムスリップ」させます。

もちろん、リスナーからのリクエストやエピソードを募集、番組のなかでどんどん紹介。
昨年好評だった「突然電話」や飛び入りライブゲストあり.....
また、BSPで放送される「ザ・フォークソング〜青春の歌〜」の放送ともリンクさせ大いに楽しんでいただきます。

<ナビゲーター>
小室等
黒崎めぐみ(NHKアナウンサー)

<ゲスト>
岩沢幸矢
白鳥英美子
山崎ハコ
四角佳子

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www4.nhk.or.jp/zanmai/328/