HOME > ニュース >

土屋昌巳が語るJAPANの魅力と素顔 JAPAN初バイオグラフィ本刊行記念 土屋昌巳のトークイベントが開催決定

2017/08/25 12:52掲載
土屋昌巳
土屋昌巳
土屋昌巳が語るJAPANの魅力と素顔。JAPAN初のバイオグラフィ本『JAPAN 1974-1984 光と影のバンド全史』の刊行を記念して、JAPANのラスト・ツアーにギタリストとして参加した土屋昌巳のトークイベントが開催決定。9月20日(水)に東京・神楽坂かもめブックスにて行われます

<『JAPAN 1974-1984 光と影のバンド全史』刊行記念 土屋昌巳氏トークイベント>

●1974年から1984年まで、圧倒的な存在感で世界の音楽シーンに多大なる影響を与えたJAPAN。彼らの独自の美意識を貫いた10年を総括し、その謎めいた素顔に迫った初のバイオグラフィ本「JAPAN 1974-1984 光と影のバンド全史」が発売になり、大きな話題になっています。
●今回開催されるイベントには、JAPANのメンバーとも親交が深く、ラスト・ツアーにギタリストとして参加した土屋昌巳氏をお迎えしてお送りします!
JAPANの魅力や、間近にいたからこそ分かる彼らの素顔、土屋氏と彼らとの結びつき、エピソード、本書の感想、今だから言えることなどなど、本書の編集者である美馬亜貴子さんが進行役として深く聞きまくります。
●JAPAN、そして土屋昌巳さんファンには、その魅力に迫る、またとない贅沢なイベントになる事確実です!
当日、本ご購入の方には、土屋昌巳さんの直筆サイン色紙をお渡しいたします。
■会場/神楽坂かもめブックス
 東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル 03-5228-5490
■日時/9月20日(水)19:30?21:00
■出演/土屋昌巳(司会進行:美馬亜貴子)
■参加料/1,500円(1ドリンク付き)
■定員/60名
■参加お申し込み方法/下記かもめブックスサイト内より
http://kamomebooks.jp/event/1867.html

☆土屋昌巳(つちやまさみ)
 1952年、静岡県富士市生まれ。70 年代からスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。78年に一風堂を結成し、82年『すみれSeptember Love』が大ヒット。同年、ジャパンのミック・カーンやスティーヴ・ジャンセンが参加した初のソロ・アルバム『RICE MUSIC』を発表。同時期にジャパンのラスト・ツアーにギタリストとして参加。90年よりロンドンに移住し、BLANKEY JET CITY、マルコシアス・バンプ等のプロデュースやソロ活動を展開し、13年に自身のレーベル Mazzy Bunny Recordsを設立、『Swan Dive』をリリース。また、Der ZibetのISSAY(vo)らとKA.F.KAを結成しバンド活動を開始。『Fantome Noir』をリリース。

☆美馬亜貴子(みま・あきこ)
札幌生まれ。ラジオDJを経て1993年、シンコー・ミュージックに入社、洋楽ロック雑誌『CROSSBEAT』の編集部員として多くのミュージシャンに取材。2002年よりフリーランスとなり『JAPAN 1974-1984 光と影のバンド全史』をはじめ、様々な音楽関連書籍の編集に携わる。
●『JAPAN 1974-1984 光と影のバンド全史』
A4変型判/320頁/本体価格3,700円+税/発売中
ISBN:978-4-401-64403-2