HOME > ニュース >

ブラック・メタルの大著『Black Metal: Evolution of the Cult』が翻訳刊行決定

2017/07/25 20:14掲載(Last Update:2017/07/25 23:56)
Black Metal: Evolution of the Cult
Black Metal: Evolution of the Cult
ブラック・メタルの大著『Black Metal: Evolution of the Cult』が翻訳刊行決定。『ブラック・メタル:カルトの進化(仮) 』はDU BOOKSから12月発売予定。本書は80年代の黎明期から90年代北欧におけるムーヴメント再興、そして現在に至るまで、この分野について包括的に書かれた大著。主要人物のロング・インタビューも掲載。
●『ブラック・メタル:カルトの進化(仮) 』
Dayal Patterson (著), 島田陽子 (翻訳)

※以下、インフォメーションより

「誰よりもVenomを上に置くべきなんだ。Venomこそ本当に、こういうバンド全ての始まりなんだよ、
HellhammerもMercyful Fateも、Bathoryなんか特にだな、すごく影響を受けてる。
後期の作品となると俺はもう関係ないけど、初期のアルバム、中でもファーストは、ブラック・メタルのアルバムすべての原型だよ」
――トム・G・ウォリアー(Hellhammer/Celtic Frost)


「俺はMotorheadにはまってたんだよ……それが80年代の初め頃、“おまえにぴったりのアルバム見つけた"って友達に言われて。
それがVenomの『Black Metal(ブラック・メタル)』だったんだ。
そりゃもう、それまで俺が聴いた中で一番さ、最高にタフでクールで生々しくて――曲といい、歌詞といい――当時あれよりクールなアルバムなんてなかった」
――ネクロブッチャー(Mayherm)