HOME > ニュース >

『ブラタモリ』 名古屋編が放送決定

2017/05/19 18:55掲載(Last Update:2017/05/19 19:08)
ブラタモリ
ブラタモリ
『ブラタモリ』 名古屋編が放送決定。6月10日(土)と17日(土)に放送されます。タモリが2回にわたって、知られざる名古屋の姿に徹底的に迫ります。タモリと名古屋の深くて意外な関係とは!?

■NHK総合『ブラタモリ』

●『名古屋』
●『名古屋・熱田 〜尾張名古屋は 家康でもつ?〜』
NHK総合 2017年6月10日(土)・6月17日(土)午後7時30分〜8時15分

ブラタモリ、ついに名古屋へ!
愛知県名古屋市といえば、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康という戦国の英雄ゆかりの町。そして金のシャチホコで知られる名古屋城の城下町です。でも信長・秀吉は、名古屋がある尾張国の出身ですが、家康はお隣の三河国の出身だったはず。「尾張名古屋は 城でもつ」ならぬ「家康でもつ」・・・っていったいどういうこと?実は人口230万を誇る現在の名古屋の「町」と「城」は、江戸時代のはじめに、徳川家康が一からつくりあげたもの。そこには天下人・家康ならではの、壮大な仕掛けが隠されていたのです。タモリさんが2回にわたって、知られざる名古屋の姿に徹底的に迫ります!
まずは名古屋城の本丸へ。金のシャチホコをめぐるエピソードにビックリ!?巨大な堀に潜入したタモリさんが気付いた名古屋城の「強さ」の秘密とは?2種類の石垣と広大な城の敷地が物語る家康の「ねらい」とは?
続いて城下町へ向かったタモリさん。名古屋の城下町は、碁盤のように正方形の区画がずらりと並んでいますが、実はこれも家康の仕掛け。さらにテレビ塔でおなじみ、名古屋のメインストリート「久屋大通」も、家康のおかげでできた?
さらに、年間670万人が参拝にやってくるという熱田神宮へ。門前町のビミョーな高低差で明らかになる、家康が名古屋に城と町をつくった理由とは?なぜか次々にあらわれる名古屋の『AKB』に、タモリさんも大興奮!そして今ついに解き明かされる、タモリさんと名古屋の深くて意外な関係とは!!

http://www.nhk.or.jp/buratamori/yokoku.html#nagoya