HOME > ニュース >

ウォーレン・ヘインズ 米ラジオ番組『Opie Radio』でガヴァメント・ミュールの新曲「Traveling Tune」を披露

2017/05/19 18:43掲載
Gov't Mule / Revolution Come … Revolution Go
Gov't Mule / Revolution Come … Revolution Go
オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)でも知られるギタリスト、ウォーレン・ヘインズ(Warren Haynes)が米ネット/衛星ラジオ局SiriusXMの番組『Opie Radio』に出演しパフォーマンスを披露。曲は自身が率いるサザン・ロック・ジャム・バンド、ガヴァメント・ミュール(Gov't Mule)の新曲「Traveling Tune」。映像あり。この曲は新アルバム『Revolution Come … Revolution Go』に収録



アルバムは海外で6月9日、日本で7月5日に発売。海外では通常盤に加え、6曲を追加収録したデラックスエディションも発売されます。日本盤SHM-CD仕様。リリース元は日本はユニバーサル ミュージック。

スタジオ・アルバムの発表は2016年の『The Tel-Star Sessions』以来。レコーディングはオースティンとニューヨークで行われ、ゴルディー・ジョンソンとドン・ウォズ(Don Was)がプロデュースを手がけています。またジミー・ヴォーン(Jimmie Vaughan)がゲスト・ミュージシャンとして参加しています。

以下は以前に公開された音源・映像

「Dreams and Songs」のスタジオ・ライヴ映像


「Dreams and Songs」


メイキング映像


「Sarah, Surrender」


「Stone Cold Rage」
●『Revolution Come … Revolution Go』

1. Stone Cold Rage
2. Drawn That Way
3. Pressure Under Fire
4. The Man I Want To Be
5. Traveling Tune
6. Thorns of Life
7. Dreams & Songs
8. Sarah, Surrender
9. Revolution Come, Revolution Go
10. Burning Point (feat. Jimmie Vaughan)
11. Easy Times
12. Dark Was the Night, Cold Was the Ground

*Deluxe Edition only
13. What Fresh Hell
14. Click-Track
15. Outside Myself
16. Revolution Come, Revolution Go (Alternate Version)
17. The Man I Want To Be (Live In Studio Version)
18. Dark Was the Night, Cold Was the Ground (Live In Studio Version)