HOME > ニュース >

スティクスが14年ぶりの新オリジナル・アルバム『The Mission』を6月発売、新曲のMVあり

2017/04/22 02:36掲載(Last Update:2017/04/24 19:07)
Styx / The Mission
Styx / The Mission
米ロックバンド、スティクス(Styx)が14年ぶりの新オリジナル・アルバム『The Mission』を海外で6月16日発売。リリース元はバンドのレーベルAlpha Dog 2T/UMe。

スタジオ・アルバムのリリースは2005年のカヴァー集『Big Bang Theory』以来で、オリジナル曲で構成されたアルバムとしては2003年の『Cyclorama』以来。通算16作目。

新作にはメンバーのトミー・ショウと、長年のコラボレーターであるウィル・エヴァンコビッチ(SHAW/BLADES, THE GUESS WHO)が共同で書いた全14曲を収録。新作は、2033年の初の有人火星探査をテーマにしたコンセプト・アルバムになっているとのこと。

新曲「Gone Gone Gone」のミュージックビデオが公開されています

STYX:
guitarist/vocalist Tommy Shaw
guitarist/vocalist James "JY" Young
keyboardist/vocalist Lawrence Gowan
bassist Chuck Panozzo
drummer/percussionist Todd Sucherman
bassist Ricky Phillips

●『The Mission』

01. Overture
02. Gone Gone Gone
03. Hundred Million Miles From Home
04. Trouble At The Big Show
05. Locomotive
06. Radio Silence
07. The Greater Good
08. Time May Bend
09. Ten Thousand Ways To Be Wrong
10. Red Storm
11. All Systems Stable
12. Khedive
13. The Outpost
14. Mission to Mars