HOME > ニュース >

<ロックの殿堂> ジャーニーの受賞スピーチにスティーヴ・ペリーも登場、新旧ヴォーカリスト2人の初対面写真が公開

2017/04/09 02:25掲載(Last Update:2017/04/09 05:04)
Steve Perry and Arnel Pineda
Steve Perry and Arnel Pineda
<ロックの殿堂(Rock And Roll Hall Of Fame)>の式典が4月7日にニューヨークで開催。今回殿堂入りしたジャーニー(Journey)の受賞スピーチには元ヴォーカリストのスティーヴ・ペリー(Steve Perry)も登場しています。スピーチの中でペリーは、今回の殿堂入りには含まれていない現ヴォーカリストのアーネル・ピネダ(Arnel Pineda)を「毎晩心を込めて歌っているアーネル・ピネダに感謝を伝えなければならない」と賞賛しています。映像あり。

バンドはこの日、個々の受賞スピーチが終わった後にアーネルをフロントマンに3曲(「Lights」「Separate Ways」「Don't Stop Believin'」)のパフォーマンスを披露。残念ながらペリーはパフォーマンスには参加していません。

式典のバックステージでは、新旧ヴォーカリスト2人、ペリーとピネダが初めて会っており、その写真がピネダのFacebookページなど公開されています。ピネダはペリーに会うのを35年間待っていたと語っています。

●スティーヴ・ペリーのスピーチ映像




#StevePerry #rockhall2017 #Journey

Nathaly Garciaさん(@naganicol1)がシェアした投稿 -



●バックステージ スティーヴ・ペリーとアーネル・ピネダ







●パフォーマンス映像