HOME > ニュース >

ブルース・ハーモニカ奏者ジェイムズ・コットンが死去

2017/03/17 06:41掲載
James Cotton
James Cotton
最も偉大なハーモニカプレーヤーのひとり、米国のブルース・ハーモニカ奏者ジェイムズ・コットン(JAMES COTTON)が3月16日、米テキサス州オースティンにあるセント・デイビッズ・メディカル・センターにて肺炎のため死去。Alligator Recordsの公式サイトが明らかにしています。81歳でした。

ジェイムズ・コットンは、マディ・ウォーターズのバンドのハーモニカ奏者として頭角を現し、その後ソロ・アーティストとして活躍。1990年代半ばに喉頭ガンを患い歌うことが出来なくなりましたが、以降もバンドにヴォーカリストを迎えて活動を続けていました(wikipediaより)。