HOME > ニュース >

ピンク・フロイド『狂気』でも使われたレコーディング・コンソールがオークションへ

2017/03/03 15:51掲載
The Abbey Road Studios EMI TG12345 MK IV
The Abbey Road Studios EMI TG12345 MK IV
ピンク・フロイド(Pink Floyd)の名作『Dark Side of the Moon(邦題:狂気)』でも使われたレコーディング・コンソールがオークションに出品される予定。このコンソール「The Abbey Road Studios EMI TG12345 MK IV」は、EMIのエンジニアによって作られたカスタム・ユニット。アビー・ロード・スタジオの第2スタジオにて1971年から1983年にかけて使われており、『狂気』のほか、ポール・マッカートニー&ウイングス、ケイト・ブッシュ、リンゴ・スター、ジョージ・ハリスンほかのレコーディングにも使用されています。

このコンソールは、3月27日より英オークション会社のボナムズによって競売にかけられる予定です。

●ボナムズ内 「The Abbey Road Studios EMI TG12345 MK IV」ページ
http://www.bonhams.com/auctions/23878/lot/35/