HOME > ニュース >

<THE CLASSIC ROCK AWARDS> 次回以降の開催が中止に

2017/02/18 00:32掲載
THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016 + LIVE PERFORMANCE
THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016 + LIVE PERFORMANCE
2016年11月に東京・両国国技館で開催された<THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016 + LIVE PERFORMANCE>。主催のひとつ、KLab Entertainment社が同イベントの次回以降の開催を中止すると発表しています。2017年にも東京で<CLASSIC ROCK AWARDS 2017>を開催する計画でしたが、同社は「次回以降の開催を中止せざるを得ないとの結論に至りました」と説明しています。

以下、プレスリリースより

<「CLASSIC ROCK AWARDS」今後の開催に関する大切なお知らせ>

2016年11月11日に開催いたしました「THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016 + LIVE PERFORMANCE」(以下「本イベント」)にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

この度、KLab Entertainment社(以下「KE」)は、本イベントの次回以降の開催を中止せざるを得ないとの結論に至りましたことをお知らせいたします。

以下に、このような結論に至った経緯などにつきまして、ご報告させていただきます。

2016年12月20日、本イベントの主催3社のうちの1社であるTeamRock社(以下「TR」)が倒産し、更生管財手続(英国法でいうAdministration)に入ったという報道がありました。

TRは、同社が出版する音楽情報誌「Classic Rock」と連動したアワードである「CLASSIC ROCK AWARDS」(以下「CRA」)の英国での主催者であり、CRAのブランドや開催権の原所有者であります。

2016年12年28日に発表させていただきましたプレスリリースの通り、こうした重要な役割を果たしてきたTRが倒産するという事態を受け、本イベントの主催3社のうちの2社であるKEおよびParallel Contemporary Music社は、今後のCRAの東京での開催を継続できる方法がないかを模索すべく、様々な検討や努力を重ねてまいりました。

しかしながら、

1. KEがTRから取得していた3年間のCRAの東京での開催権に関する契約は、TRの倒産および更生管財手続に入ったことに伴って無効なものとなってしまったこと

2. 「Classic Rock」などの雑誌はもちろんのこと、CRAというブランドやイベントの開催権を含むあらゆる資産が、法律に従い管財手続の対象となってしまったこと

などといった事情から、CRAのブランドや開催権を管財人を通じて改めて取得しなおすところから始める必要がありました。

その実現をすべく、管財人との交渉などの努力を進めてまいりましたが、管財人による競売の結果、TRが出版する雑誌「Classic Rock」や「Metal Hammer」のTRの前のオーナー企業であったFuture plc社が取得することが決定されました。(※)

この結果により、大変残念ではありますが、本イベントの次回以降の開催をできなくなりましたことをご報告いたします。

※詳細はTeamRock公式HPをご参照ください。(英語のみ)

【チケット代金のご返金と次回CRAの優待につきまして】

CRA2016に失望されたご来場者様に対するチケット代金のご返金につきましては、引き続き、当社が責任を持って対応させていただきますので、ご安心ください。

CRA2017の開催時の優待につきましては、 上記のような理由から、その開催が不可能となりました。

次回のイベントを楽しみにしてくださっていたお客様に対して、深くお詫び申し上げます。

最後に、CRA2016にご来場いただいたすべてのお客様、ご参加いただいたアーティストの皆様、および昨年のイベントを実現させていただいた関係者の皆様に重ねて心より感謝を申し上げます。

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.klabentertainment.com/cra_regarding_future_events.html