HOME > ニュース >

アレサ・フランクリンが次回作リリース後に引退へ、新作はスティーヴィー・ワンダー・プロデュース参加

2017/02/09 19:17掲載(Last Update:2017/02/10 00:04)
Aretha Franklin
Aretha Franklin
アレサ・フランクリン(Aretha Franklin/75歳)が次回作のリリース後に引退する考えを米テレビ番組で明らかにしています。健康に問題を抱えるアレサは米デトロイトのTV局WDIV Local 4の番組で放送された最新インタビューの中で、9月にスティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)をプロデューサーのひとりに迎えた新アルバムのリリースを計画していることを明かし、そのリリース後に引退する考えを述べています。ただ、引退といってもイベントなどに出演する可能性はあるそうです。

スティーヴィー・ワンダーがいくつかの曲をプロデュースするという新アルバムは全曲オリジナルで構成された作品を予定しており、レコーディングはデトロイトで行われる予定。