HOME > ニュース >

エリック・クラプトンの新ドキュメンタリー『Eric Clapton: A Life in 12 Bars』が制作進行中

2017/02/04 03:04掲載(Last Update:2017/02/12 01:16)
Eric Clapton
Eric Clapton
エリック・クラプトン(Eric Clapton)の新たなドキュメンタリー『Eric Clapton: A Life in 12 Bars』が制作進行中。サイトVarietyや米ビルボード誌などによれば、このドキュメンタリーの監督は、クラプトンが音楽を手がけた1991年の映画『Rush』の監督で、『ドライビング Miss デイジー』の製作などでも知られるリリ・フィニー・ザナック。ほか、製作にジョン・バトセック(『シュガーマン 奇跡に愛された男』他)、編集にクリス・キング(『AMY エイミー』他)が参加しています。

制作チームは、過去のパフォーマンス・クリップ、オフステージ映像、アイコン的な写真、コンサート・ポスター、手書きの手紙、描画、日記など、クラプトンの膨大なパーソナル・アーカイブにアクセスできる権利を得ているそうで、アーカイブの中には未発表なものもあるようです。

映画は2017年後半に様々の映画祭で上映され、また2018年には米国でテレビ放映が予定されています。