HOME > ニュース >

ECM時代のパット・メセニーのレコーディングセッションをLEGOで再現した「Jazz Studio Session (ECM Records)」が話題に

2017/02/02 14:01掲載
LEGO - Jazz Studio Session (ECM Records)
LEGO - Jazz Studio Session (ECM Records)
ECM Records時代のパット・メセニー(Pat Metheny)のレコーディング・セッションをLEGOで再現した「Jazz Studio Session (ECM Records)」が話題に。このLEGOは現在、LEGO社からの公式セット化を目指す「LEGO Ideas」でキャンペーンを実施中です。

LEGO「Jazz Studio Session (ECM Records)」は、パフォーマンスルームとコントロールルーム、そして巨大なECMロゴで構成。各部屋には、パット・メセニーや彼のコラボレーター、レーベルの創設者マンフレート・アイヒャーらのLEGOも用意されています。

「LEGO Ideas」では、一般ユーザーがレゴ製品のアイデアを提案、そのアイデアに賛同したサポーターの数によってオフィシャルLEGO化が検討される仕組みで、10,000人のサポーターを集めるとLEGO社が公式セット化を検討する段階に入ります。その後、LEGO審査チームがコンセプト・モデルを実際に制作し、提案されているコンセプトがLEGOプロダクトの水準に満たしているのかをチェックするレビュー・ステージが行われます。そして、それに成功するとオフィシャルLEGO化が決定。価格設定や最終的なプロダクト・デザインを検討したうえでリリースされます。















●「LEGO Ideas」内 「Jazz Studio Session (ECM Records)」ページ
https://ideas.lego.com/projects/164473