HOME > ニュース >

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン+サウンドガーデンのオーディオスレイヴが11年ぶりに再結成、トランプ抗議イベントで限定復活

2017/01/18 12:45掲載
Anti-Inaugural Ball
Anti-Inaugural Ball
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against the Machine)サウンドガーデン(Soundgarden)オーディオスレイヴ(Audioslave)が11年ぶりに再結成。ドナルド・トランプ次期米大統領の就任に抗議するプロフェッツ・オブ・レイジ(Prophets of Rage)主催のイベント<Anti-Inaugural Ball>にて復活ライヴを行います。このイベントは1月20日にロサンゼルスのTeragram Ballroomにて開催される予定。

オーディオスレイヴは、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、ティム・コマーフォード、ブラッド・ウィルクの3人と、サウンドガーデンのクリス・コーネル(Chris Cornell)によるバンド。彼らは当日フルライヴを行う予定。なお、米Pitchforkによれば、これ以外の再結成ライヴは一切予定していないとのこと。

イベント<Anti-Inaugural Ball>には、このほか、ゲストとしてヴィック・メンサ、ジャクソン・ブラウン、ジャック・ブラック、ロサンゼルス・フリーダム・クワイアーも出演する予定です