HOME > ニュース >

エリカ・バドゥのプロデューサー、RC・ウィリアムズ率いるジャズ・ファンク・バンド、RC&ザ・グリッツの単独初来日公演が決定

2017/01/11 19:56掲載
C & The Gritz
C & The Gritz
エリカ・バドゥのプロデューサー、RC・ウィリアムズ率いるジャズ・ファンク・バンド、RC&ザ・グリッツ(C & The Gritz)の単独初来日公演が2月に決定。23日(木)24日(金)にブルーノート東京にて行われます

<RC & The Gritz>
●2017 2.23 thu., 2.24 fri. ブルーノート東京

[1st]Open5:30pm Start6:30pm
[2nd]Open8:20pm Start9:00pm

【MEMBER】
RC "Rceeezy" Williams (key, vo)
Claudia Melton(vo)
Braylon Lacy(b)
Cleon Edwards(ds)
TaRon Lockett(per)
Jah Born (MPC drum machine)
他メンバー未定

【MUSIC CHARGE】
¥8,000(税込)

【チケット】
Jam Session会員予約受付開始日:1.18 wed.
一般Web先行予約受付開始日:1.25 wed.
一般電話予約受付開始日:1.28 sat.

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/rc-the-gritz/

今春、最新作『The Feel』をリリース。テキサス州ダラスの人気ヒップホップ〜ジャズ・ファンク・バンド、RC&ザ・グリッツが遂に単独初来日公演を行なう。歌姫エリカ・バドゥのプロデューサー、音楽監督として知られるRC・ウィリアムズを中心として2004年に結成。エリカを筆頭にスヌープ・ドッグ、ジル・スコット、ザ・ルーツらのツアー・サポートを経験し、2013年のアルバム『Pay Your Tab』ではエリカ、スヌープ、ラヒーム・デヴォーン等をフィーチャーした。公演にはまた、エリカの代表作「On and On」などをプロデュースしたネオ・ソウルの立役者であるビートメイカー、Jah Bornも参加予定。進行形のブラック・ミュージック・シーンを体感したい。