HOME > ニュース >

クインシーがその才能に惚れ込んだ注目のピアニスト アルフレッド・ロドリゲスの来日公演が3月に決定

2017/01/11 19:48掲載
Alfredo Rodriguez and Richard Bona
Alfredo Rodriguez and Richard Bona
クインシー・ジョーンズがその才能に惚れ込んだキューバ出身のピアニスト、アルフレッド・ロドリゲス(Alfredo Rodriguez)が来日。カメルーンが世界に誇るベーシスト/ヴォーカリスト、リチャード・ボナをゲストに迎えたスーパー・セッションを行う来日公演が3月に開催されます。日程は7日(火)8日(水)9日(木)の3日間でブルーノート東京にて行われます

ALFREDO RODRIGUEZ TRIO
with RICHARD BONA
presented by QUINCY JONES PRODUCTIONS


●2017 3.7 tue., 3.8 wed., 3.9 thu. ブルーノート東京

[1st]Open5:30pm Start6:30pm
[2nd]Open8:20pm Start9:00pm

【MEMBER】
Alfredo Rodriguez(p)
Munir Hossn(b)
Michael Olivera(ds)
Richard Bona(b,vo)

【MUSIC CHARGE】
¥8,500(税込)
★Jam Session会員+1名様はミュージック・チャージが半額に

【チケット】
Jam Session会員予約受付開始日:1.19 thu.
一般Web先行予約受付開始日:1.26 thu.
一般電話予約受付開始日:1.29 sun.

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/alfredo-rodriguez/

米国ポピュラー・ミュージック史上に輝く名プロデューサー、クインシー・ジョーンズが惚れ込んだ逸材。熱い注目を集めるキューバ出身のピアニスト、アルフレッド・ロドリゲスが3年ぶりに登場する。しかも今回は、カメルーンが世界に誇るベーシスト/ヴォーカリスト、リチャード・ボナをゲストに迎えたスーパー・セッションだ。ロドリゲスは2006年にスイスのモントルー・ジャズ祭でワールド・デビューし、09年からアメリカに拠点を移して活動。最新作『Tocororo』でボナをフィーチャーして話題を呼び、今回、その世界をライヴで繰り広げることになった。鬼才どうしの、世代や国境を超えた“音の語らい”に、限りない期待がつのる。