HOME > ニュース >

マンサンの元フロントマン、ポール・ドレイパーが自ら選ぶ「マンサンのベスト・ソング TOP10」

2016/12/06 01:38掲載
Mansun
Mansun
90年代に人気を博した英ロック・バンドのマンサン(Mansun)。フロントマンとして活躍したポール・ドレイパー(Paul Draper)が自ら選ぶ「マンサンのベスト・ソング TOP10」が発表されています。英国の音楽サイトTeam Rock企画

10. Comes As No Surprise (Little Kix, 2000)


9. I Can Only Disappoint U (Little Kix, 2000)


8. Serotonin (Six, 1998)


7. Everyone Must Win (Closed For Business, 1997)


6. Disgusting (Attack Of The Grey Lantern, 1997)


5. Being A Girl (Six, 1998)


4. The Chad Who Loved Me (Attack Of The Grey Lantern, 1997)


3. Cancer (Six, 1998)


2. Six (Six, 1998)


1. Keep Telling Myself (Kleptomania, 2004)





各曲についてのコメントもある詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://teamrock.com/feature/2016-12-05/the-10-best-mansun-songs-chosen-by-paul-draper