HOME > ニュース >

レオン・ラッセルが死去

2016/11/14 00:15掲載(Last Update:2016/11/14 03:15)
Leon Russell
Leon Russell
ミュージシャン/ソングライターのレオン・ラッセル(Leon Russell)が11月13日、ナッシュビルにて死去。レオン・ラッセルの公式サイトやFacebookページにて、就寝中に亡くなったことを彼の妻が明らかにしています。死因は未発表。レオン・ラッセルは今年7月に心臓発作を起こし、その後に心臓バイパス手術を受けて、快方に向かっていると伝えられていました。74歳でした。









<レオン・ラッセル/Leon Russell>

●3歳のころからピアノを学び、14歳で家を出てナイトクラブで歌い始めたという彼は、58年にロサンゼルスに進出してフィル・スペクターがプロデュースしたロネッツや、フランク・シナトラなど大物のバック・ミュージシャンをつとめ、60年代末にはローリング・ストーンズのレコーディングにも招かれる売れっ子となる。

●70年代からアレンジャー、プロデューサーとしても活躍し、彼の存在感を表すエピソードとして、70年にイギリス人のシンガー、ジョー・コッカーのプロデュースをしたときには、バック・バンド“マッド・ドッグス&イングリッシュ・メン”を指揮してコッカーの存在が霞むほどのカリスマ性を発揮。

●同年、自らレーベルを作り、ファースト・アルバム『レオン・ラッセル』をリリース。「ソング・フォー・ユー」「デルタ・レディー」「デキシー・ララバイ」などの名曲を含むこのアルバムには、エリック・クラプトン、スティーブ・ウインウッド、ストーンズのチャーリー・ワッツとビル・ワイマン、ビートルズのジョージとリンゴなどの超大物が参加。デビュー1枚目にして、ラッセルは自分がロック界の最重要人物の一人であることを証明してみせた。

●その後も『シェルター・ピープル』や大ヒット曲「タイトロープ」を収録した『カーニー』といった傑作アルバムをリリースし、ファンキーでねばっこいリズムと骨太な南部サウンドに乗せたブギウギ・ピアノとアクの強いボーカルで、スワンプ・ロック・ブームの立役者となる。

●ソングライターとしても非常に高く評価されており、ジョージ・ベンソンの「マスカレード」、カーペンターズの「スーパースター」などのヒット曲も、彼の作品。

http://www.billboard-live.com/