HOME > ニュース >

映画『ブレードランナー』の続編、正式タイトルは『ブレードランナー 2049』

2016/10/07 02:53掲載(Last Update:2016/12/20 01:12)
Blade Runner 2049 コンセプトアート
Blade Runner 2049 コンセプトアート
2017年に公開される映画『ブレードランナー』の続編。正式タイトルが『ブレードランナー 2049(Blade Runner 2049)』に決定。ワーナー・ブラザーズとアルコーンエンターテイメントが発表しています。前作『ブレードランナー』は2019年が舞台、続編のストーリーはまだ伏せられていますが、前作から30年後となる2049年の世界が舞台となるようです。また今回、セットで撮影されたメイキング写真が1枚公開されています。『ブレードランナー 2049』の全米公開は2017年10月6日、日本公開は2017年11月を予定しています。




『ブレードランナー 2049』の監督を務めるのはドゥニ・ヴィルヌーヴ監督(『ボーダーライン』『プリズナーズ』)。前作の監督を務めたリドリー・スコットは製作総指揮として参加。脚本は前作に引き続きハンプトン・ファンチャーが『グリーン・ランタン』のマイケル・グリーンと共に担当しています。製作はアルコン・エンターテインメント。

音楽を手掛けるのは、ポスト・クラシカルの旗手として注目を集める、アイスランド出身の作曲家/音楽家ヨハン・ヨハンソン(Jóhann Jóhannsson)。ドゥニ監督とは過去にも仕事を共にしており、ドゥニが監督した映画『ボーダーライン』(2015年)と映画『アライヴァル』(2016年)の音楽もヨハンが手がけています。

『ブレードランナー 2049』ではハリソン・フォードが再び主人公のリック・デッカードを演じるほか、ライアン・ゴズリング、ロビン・ライト、デイヴ・バウティスタ、マッケンジー・デイビス、バーカッド・アブディがキャスティングされています。

以下は以前に公開されたコンセプトアート