HOME > ニュース >

『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部「ダイヤモンドは砕けない」が実写映画化、監督は三池崇史、東方仗助役は山崎賢人

2016/09/28 14:26掲載(Last Update:2016/09/28 19:50)
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
荒木飛呂彦の人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部「ダイヤモンドは砕けない」が実写映画化。タイトルは『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で、東宝とワーナーブラザースジャパンによる初の共同製作・配給作品として、2017年夏に全国で公開される予定。監督は三池崇史。

本日9月28日行われた記者会見では、計9名のキャストが発表。主人公・東方仗助役は山崎賢人。空条承太郎役は伊勢谷友介、広瀬康一役は神木隆之介、虹村億泰役は真剣佑、虹村形兆役は岡田将生、山岸由花子役は小松菜奈、片桐安十郎役は山田孝之、仗助の母親・東方朋子役は観月ありさ、東方良平役は國村隼。

第4部「ダイヤモンドは砕けない」は、1999年の日本が舞台。ジョセフ・ジョースターの隠し子・仗助が友人の康一や虹村億泰、マンガ家の岸辺露伴、承太郎らとともに杜王町に潜むスタンド使いと戦う……というストーリー。

以下、記者会見の映像