HOME > ニュース >

ノルウェーのブラックメタルバンドDarkthroneのFenrizが地元の町議会選挙に立候補、「俺に投票するな」と訴えるものの当選

2016/09/15 15:08掲載(Last Update:2016/09/16 01:56)
Gylve “Fenriz” Nagell
Gylve “Fenriz” Nagell
ノルウェーのブラックメタルバンド、ダークスローン(Darkthrone)のGylve “Fenriz” Nagellが、地元の町議会選挙に頼まれて仕方がなく立候補。選挙ポスターは、猫を抱いた写真に「俺に投票するな」というフレーズが書かれたものを採用したにも関わらず、なぜか票が集まり、議員に当選しています。

Fenrizによれば、数カ月前、彼が住むKolbotn(オスロの南にある小さい町)で行われる町議会選挙に立候補する候補者を探していたVenstre党のメンバーから立候補して欲しいと頼まれたとのこと。Fenrizは「(候補者の)18番目くらいだろうし、特に何もしなくていいと思った」そうで、立候補することに同意。とはいえ、当選する気はまったくなく、選挙ポスターも先述のものを制作し、また行われたプレゼンテーションでも「俺はとても忙しい」と発言していたそうです。Venstre党のスタッフもリストの下位なので“セーフだ”と彼に話をしていたそうですが、その思惑は外れて当選。Fenrizは議員の仕事を4年間務める予定です。

Fenrizは選挙後にVenstre党から当選を聞いたそうで、「あまりうれしくはない。この結果に満足していない。退屈で大した金にもならないし」と述べたそうです。