HOME > ニュース >

モンキーズ「Daydream Believer」を特集 BS-TBS『SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜』 9月7日放送

2016/08/12 16:39掲載
The Monkees / Daydream Believer
The Monkees / Daydream Believer
モンキーズ(The Monkees)「Daydream Believer」を特集したBS-TBS『SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜』が9月7日(水)放送。番組では、プロデューサーのチップ・ダグラスをはじめ、“モンキーズ・プロジェクト”を支えた縁の人々に話を聞き、モンキーズや「Daydream Believer」の知られざる舞台裏に迫ります。

『SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜』は、多くの人々の心に響き続けるソング(名曲)のルーツを辿りながら音楽を生み出したソウル(魂)と音楽に魅せられたソウル(魂)をつないでいく音楽番組です。



●BS-TBS『SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜』
9月7日(水)よる11時放送

☆「デイドリーム・ビリーバー」モンキーズ

「デイドリーム・ビリーバー」はアメリカのアイドルグループ、モンキーズによる1967年の全米No.1ソング。
モンキーズは1965年にアメリカで結成。ビートルズなどのブリティシュ・バンドが続々と上陸し、音楽市場を席巻していたことを受け、“ビートルズに対抗するアイドル・グループ”として誕生した。そのプロジェクトは企画段階から綿密に計画され、オーディションでは、400人以上の中からメンバーを選出。レコードを制作するだけでなく、メンバーが主演するコメディ・タッチのテレビ番組「ザ・モンキーズ・ショー」をオンエア。当時では珍しいメディアミックス戦略がとられ、彼らは一躍、人気者となった。
人気の絶頂期にリリースされた「デイドリーム・ビリーバー」は、メッセージ性の強いフォークソングや、当時流行していたサイケデリック・ロックとは一線を画す、軽やかな曲調。混沌としていたアメリカ社会に爽やかな風を吹き込み、世界中で大ヒットを記録した。
番組では、プロデューサーのチップ・ダグラスをはじめ、“モンキーズ・プロジェクト”を支えた縁の人々に話を聞き、モンキーズや「デイドリーム・ビリーバ―」の知られざる舞台裏に迫る。

[出演予定]
チップ・ダグラス(プロデューサー)
ハンク・シカロ(エンジニア)
ピーター・ラフェルソン(ソングライター) ほか

[番組サイト]
http://www.bs-tbs.co.jp/songtosoul/