HOME > ニュース >

T・レックスの映画『Born To Boogie』 本編映像の一部「Children Of The Revolution」「Get It On」のパフォーマンス映像が公開

2016/06/02 01:20掲載
Marc Bolan & T.Rex / Born To Boogie The Motion Picture
Marc Bolan & T.Rex / Born To Boogie The Motion Picture
T・レックス(T.REX)の全盛期を捉えた1972年の映画『Born To Boogie』(監督はリンゴ・スター)。本編映像の一部として「Children Of The Revolution」「Get It On」のパフォーマンス映像が公開。「Children Of The Revolution」ではリンゴ・スター(Ringo Starr)がドラムを、エルトン・ジョン(Elton John)がピアノを担当。





新たなコンテンツを加えてリニューアル・リリースされる本作のリリースを記念して、爆音上映会の開催も決定しています。7月4日(月)に東京・渋谷クラブクアトロ、7月18日(月・祝)に神戸アートビレッジセンターにて行われます。

日本版トレーラー映像


<『ボーン・トゥ・ブギー 〜 ザ・モーション・ピクチャー』新装版発売記念 爆音上映会>

【東京】
7月4日(月) 開場:19時00分 開演:19時30分〜
会場:渋谷クラブクアトロ: http://www.club-quattro.com
料金:前売2000円(入場時別途ドリンク代500円/整理番号付/全自由)
*チケット詳細はウドー音楽事務所HPにてご確認ください。
ウドー音楽事務所HP;http://udo.jp/Event/BAKUON/MarcBolanTRex/index.html

【神戸】 7月18日(月祝) 開場:10時50分 開演:11時00分〜
「爆音映画祭 in 神戸」にて特別1回上映
会場:神戸アートビレッジセンター B1F KAVCシアター
料金:当日 1500円(整理番号付き) KAVC会員 1300円

前売 1300円 (各回限定 50枚 整理番号付き e+のみで販売)

*チケット詳細は神戸アートビレッジセンターHPにてご確認ください。
神戸アートビレッジセンターHP: http://kavccinema.jp/

【爆音上映とは】通常の映画用の音響セッティングではなく、音楽ライヴ用の音響セッティングをフルに使い、大音響の中で映画を見・聴く試みです。その爆音によって視覚までもが変容して映画そのものも違って見える。大音響でなければ聴こえてこない幽かな音を聴くという、大胆かつ繊細な上映となります。

http://www.ymm.co.jp/T-Rex/


日本盤は7月6日発売で、Blu-ray版、2CD+2DVD版、2DVD版、Blu-ray+2DVD+2CD+7シングル・レコードのデラックス・エディション(500セット完全生産限定版)があり。リリース元はヤマハミュージックアンドビジュアルズ。

海外盤は6月13日発売で、初のBlu-ray版、2CD+2DVD版、DVD版が発売。リリース元はEdsel。

Blu-ray版には、本編のほか、1972年3月18日にウェンブリー・プールで行われたコンサートから昼の部(マチネー・ショウ)のフルセットや、新コンテンツの「Telegram Sam (2016 promo video)」ほかを収録

2CD+2DVD版のDVDには、本編に加えてT・レックス唯一のライヴ収録となった1972年3月18日のウェンブリー・プールでの昼夜2回のコンサート(イヴニング・ショウ、マチネー・ショウ)や、新コンテンツの「Telegram Sam (2016 promo video)」ほかを収録。そして、DVDに収録される2公演のライヴ音源を一部初CD化を含めて収めたリマスターCD2枚も付属されます。

また同日には、ウェンブリー・プールでの昼夜2回のコンサート(イヴニング・ショウ、マチネー・ショウ)の音源を収めたリマスター2CD版『Born To Boogie - The Concerts,Wembley Empire Pool,18th March 1972』、7インチ・シングル版(T・レックス公式ショップサイト限定)も単品盤として発売されます。

7インチ・シングルには、リンゴ・スター(Ringo Starr)がドラムを、エルトン・ジョン(Elton John)がピアノを担当した映画『Born To Boogie』のためのアップル・スタジオ・セッションより「Children Of The Revolution」、リトル・リチャードのカヴァー「Tutti Frutti」、「Born To Boogie」のオリジナル・スタジオ・レコーディング・ヴァージョンが収められます。日本盤のデラックス・エディションに収録される7シングル・レコードも、この内容です。

以下は以前に公開された映像

新コンテンツ「Telegram Sam (2016 promo video)」


トレーラー映像


●T・レックス公式ショップサイト
http://www.myplaydirect.com/t-rex
<商品情報>

■《ブルーレイ》
映画本編にも収録されたウェンブリー・プールでのライヴから昼公演を収録。さらに本ブルーレイのみ"プレミア・ヴァージョン"を収録したほか、「テレグラム・サム」のPV2016年ヴァージョンなど新たなコンテンツも収録した内容。

【ブルーレイ収録内容】
1.本編(61:14)
2.オリジナル・トレイラ―(2:07)
3."プレミア・ヴァージョン"(49:00) <ブルーレイのみに収録>
4.1972.3.18 ウェンブリー マチネー・ショウ <昼公演> (63:43)
5.エクストラ
(「テレグラム・サム」(2016年ヴァージョン)など、新たなコンテンツ含むボーナス・トラック多数

■《2DVD》
映画本編にも収録されたウェンブリー・プールでのライヴから昼公演と夜公演をどちらも収録。さらに本2DVDのみ"コズミック・ロック・ドキュメンタリー"を収録したほか、「テレグラム・サム」のPV2016年ヴァージョンなど新たなコンテンツも収録した内容。

【DVD1収録内容】
1.本編(61:14)
2.1972.3.18 ウェンブリー イヴニング・ショウ <夜公演> (63:43) 〈2DVDのみに収録〉
3."コズミック・ロック"ドキュメンタリー(47:20) <2DVDのみに収録>
4.オリジナル・トレイラ―(2:07)
【DVD 2収録内容】
1.1972.3.18 ウェンブリー マチネー・ショウ <昼公演> (63:43)
2.ウィザード、ウォリアーズ&ウェンブリー(16:54) <2DVDのみに収録>
3.エクストラ
「テレグラム・サム」(2016年ヴァージョン)など、新たなコンテンツ含むボーナス・トラック多数

■《2CD》マーク・ボラン&T.レックス/ボーン・トゥ・ブギー 〜 ザ・コンサーツ 1972
Marc Bolan & T.Rex/Born To Boogie - The Concerts, Wembley Empire Pool, 18th March 1972
2005年にリリースされた『Born To Boogie - The Soundtrack Album』には収録されなかったウェンブリーのイヴニング・ショーをすべて収録。一部初CD化を含む貴重なライヴ・アルバムとしてファンなら必携!

【CD1収録曲】 
1972.3.18 ウェンブリー マチネー・ショウ <昼公演>
1. ロスコズ・イントロ(エンペラー・ロスコ)
2. キャデラック
3. ジープスター
4. ベイビー・ストレンジ
5. スペースボール・リコチェット
6. ガール
7. コズミック・ダンサー
8. テレグラム・サム
9. ホット・ラブ
10. ゲット・イット・オン
11. ジャスト・ワン・モア? (エンペラー・ロスコ)
12. サマータイム・ブルース

【CD2収録曲】 
1972.3.18 ウェンブリー イヴニング・ショウ <夜公演>
1. ロスコズ・イントロ(エンペラー・ロスコ)
2. キャデラック
3. ジープスター
4. ベイビー・ストレンジ
5. スペースボール・リコチェット
6. ガール
7. コズミック・ダンサー
8. テレグラム・サム
9. ホット・ラブ
10. ゲット・イット・オン
11. ワン・モア・タイム? (エンペラー・ロスコ)
12. サマータイム・ブルース

■《デラックス・エディション》
今回の新装リリースの【ブルーレイ】【2DVD】【2CD】に加え【7インチ・シングル】(未発表音源収録)を収納した日本だけのオリジナル企画。全コンテンツを網羅し、デラックス・ボックス仕様となる。

【ブルーレイ】
1.本編(61:14)
2.オリジナル・トレイラ―(2:07)
3."プレミア・ヴァージョン"(49:00)
4.1972.3.18 ウェンブリー マチネー・ショウ <昼公演> (63:43)
5.エクストラ
(「テレグラム・サム」(2016年ヴァージョン)など、新たなコンテンツ含むボーナス・トラック多数

【DVD1】
1.本編(61:14
2.1972.3.18 ウェンブリー イヴニング・ショウ <夜公演> (63:43)
3."コズミック・ロック"ドキュメンタリー(47:20)
4.オリジナル・トレイラ―(2:07)
【DVD 2】
5.1972.3.18 ウェンブリー マチネー・ショウ(63:43)
6.ウィザード、ウォリアーズ&ウェンブリー(16:54)
7.エクストラ
「テレグラム・サム」(2016年ヴァージョン)など、新たなコンテンツ含むボーナス・トラック多数

【CD1】 1972.3.18 ウェンブリー マチネー・ショウ <昼公演>
【CD2】 1972.3.18 ウェンブリー イヴニング・ショウ <夜公演>

【7インチ・シングル】
チルドレンオブ・ザ・レヴォリューション/トゥッティ・フルッティ/ボーン・トゥ・ブギー
(本アナログレコードにしか収録されない音源)