HOME > ニュース >

ジェフ・ミルズ 宇宙科学史上の重要な日に捧げるコンセプチュアルなDJセットを6/3東京公演で披露

2016/06/01 17:42掲載
contact / The Spacewalk: 51 year anniversary
contact / The Spacewalk: 51 year anniversary
ジェフ・ミルズ(Jeff Mills)が6月3日(金)に東京・contactにてDJプレイを実施。6月3日は、51年前の1965年にアメリカ人初の宇宙遊泳を行われた日で、今回の公演では、この宇宙科学史上の重要な日に捧げるコンセプチュアルなDJセットを披露します。



<The Spacewalk: 51 year anniversary>
●6/3(金)
OPEN: 22:00
DOOR: \\4,000 W/F: \\3,500 GH S MEMBER \\3,000
UNDER 23 \\2,500 BEFORE 11PM \\2,000
STUDIO:
JEFF MILLS http://www.axisrecords.com
HENNING BAER (Grounded Theory | K209)
CONTACT:
HIROSHI WATANABE (TRANSMAT |Kompakt)
DJ TAIGA a.k.a AOLA (THE OATH)
Yonenaga (R406 | Select Kashiwa)
NAOKI SHIRAKAWA

☆Jeff Millsが誘う宇宙遊泳、未知の領域へ☆

1965年6月3日、それはアメリカ人宇宙飛行士Edward Whiteが初めて宇宙遊泳(spacewalk)を果たした日。これまで音楽を通じて宇宙のヴィジョンを私たちに想像させ続けてくれた真のテクノ・パイオニア、Jeff Millsがこの51年前の宇宙科学史上の重要な日に捧げるコンセプチュアルなDJセットを披露する。久しぶりの東京でのクラブプレイであり、しかも今回の来日でのDJプレイは本公演のみ。驚異的な創造力で、テクノを前人未到の領域に常にアップデートしてきた彼の音楽世界に触れる最良の機会だ。サポートにはベルリンから、新たな旋風を巻き起こしているテクノ集団Grounded Theoryを率いるHenning Baerが登場。さらにセカンド・ルームにはデトロイトのTransmatからのリリースも大いに話題となっているHiroshi Watanabeが出演。贅沢な音の宇宙遊泳となりそうだ。

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.contacttokyo.com/