HOME > ニュース >

レッド・ツェッペリン「天国への階段」の盗作問題 17世紀の楽曲に類似メロディがありパブリックドメインだと指摘する声がネットに、音源あり

2016/04/22 01:47掲載
Led Zeppelin / Led Zeppelin IV
Led Zeppelin / Led Zeppelin IV
レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)が1971年に発表した代表曲のひとつ「Stairway to Heaven(天国への階段)」。冒頭のアコースティック・ギターのパートが盗用によるものだと訴えられている問題で新たな指摘がネットに。

今回の問題は、ロサンゼルスのバンド、スピリット(Spirit)のギタリストで、類似が指摘されている楽曲「Taurus」(1967年作)の作曲者でもある故ランディ・カリフォルニアの遺産管財人が、ZEP「Stairway to Heaven」のイントロと「Taurus」が似ているとして、ZEPに対して2014年5月に訴訟を起こしたもの。

この件を担当しているロサンゼルス連邦地裁のゲリー・クラウスナー判事が、「Stairway to Heaven」と「Taurus」は似ているとし、ジミー・ペイジ(Jimmy Page)ロバート・プラント(Robert Plant)が著作権を侵害したかどうかを陪審が決定すべきと判断。プラントとペイジに対する陪審員による審理/裁判がロサンゼルスにて5月10日に行われる予定です。

遺産管財人によれば、スピリットはZEPが1968年に米国ライヴを行った時に前座として起用されたことがあるため、その時に「Taurus」を聴いた可能性があると主張。一方、レッド・ツェッペリン側は“「Stairway to Heaven」のイントロ部分の節回しは一般的なものだ”と説明しています。

今回、Digital Music NewsがZEP側が主張している“一般的なもの”を支持する楽曲を見つけたと報告。17世紀にイタリアの作曲家ジョヴァンニ・バッティスタ・グラナータによって書かれた楽曲に、「Stairway to Heaven」のイントロ部分の節回しと類似したメロディがあると報じています。同サイトは、これによってこの節回しは誰もが使えるパブリック・ドメイン(著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態又は消滅した状態のこと)であることがわかり、今回の盗作問題は終了することになるだろうと伝えています。音源あり

※32秒より


Led Zeppelin - Stairway to Heaven


Taurus- Spirit