HOME > ニュース >

米TOWER RECORDSの栄枯盛衰を描いたドキュメンタリー映画『All Things Must Pass』 日本語字幕付きDVDのトレーラー映像が公開

2016/04/20 17:01掲載
ALL THINGS MUST PASS/オール・シングス・マスト・パス
ALL THINGS MUST PASS/オール・シングス・マスト・パス
米TOWER RECORDSの栄枯盛衰を描いたドキュメンタリー映画『All Things Must Pass: The Rise and Fall of Tower Records/オール・シングス・マスト・パス』。日本語字幕付きDVDのトレーラー映像が公開。日本での発売はタワーレコードならびにタワーレコード オンライン限定で、6月24日(金)より販売が開始されます。



昨年全米で公開された本作は、トム・ハンクスの息子で自身も俳優として活躍するコリン・ハンクスが監督を担当。米国TOWER RECORDSの誕生から、現在のレコードショップの形を築き、世界へと広がり、やがて日本を除くすべての店舗(一部フランチャイズ店舗を除く )を閉じるまでを、創業者のラス・ソロモンはじめ、ブルース・スプリングスティーン、エルトン・ジョン、デイヴ・グロールなど、長年TOWER RECORDSを愛しきたアーティストなどのインタビューを交え描いています。監督、登場人物すべてにTOWER RECORDSそして音楽への愛に溢れたドキュメンタリー映画です。

以下は以前に公開された映像



●『ALL THINGS MUST PASS/オール・シングス・マスト・パス』
【発売日】 2016年6月24日(金)
【価格】 3,000 円+税
【発売・販売元】 NBC ユニバーサル・エンターテイメント
【形式】 DVD
【劇場公開】 2015 年 10 月 16 日全米公開
【スタッフ】 監督:コリン・ハンクス 製作:ショーン・ステュアート 製作総指揮:グレン・ジッパー
【キャスト】 ラス・ソロモン(タワーレコード創業者) ブルース・スプリングスティーン(シンガーソングライター) エルトン・ジョン(シンガーソングライター) デヴィッド・ゲフィン(ゲフィン・レコード/DGC設立者) デイヴ・グロール(フー・ファイターズのボーカル /ニルヴァーナの元ドラマー/ タワーレコード ワシントンDC店 元店員)
(c) 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.