HOME > ニュース >

アイアン・メイデンの浮世絵コラボ作品が登場、エディが花魁に!?

2016/04/20 16:57掲載
IRON MAIDEN浮世絵「地獄太夫実ハ壊泥」
IRON MAIDEN浮世絵「地獄太夫実ハ壊泥」
アイアン・メイデン(Iron Maiden)の浮世絵コラボ作品が300枚限定で予約販売開始。

アイアン・メイデンはその音楽性のみならず、ジャケットにもストーリー性が強く反映されており、今回の浮世絵化についても、そのストーリー性を大切にしたとのこと。

第1弾は、バンドのマスコットキャラクターであるエディが江戸時代にやってきて、悪さをした行いの記録を当時の江戸の浮世絵師が、妖怪絵として描いたという架空の設定のもとで制作された「地獄太夫実八壊泥」(じごくだゆうじつはエディ)。また作品右下部分のロゴは、伝説の拷問器具“鋼鉄の処女”そのままモチーフにして、「穢行銘傳之内」(アイアン・メイデンのうち)という文字を当て字にしています。この当て字の文字の意味は「穢れた行いを記した伝説」という意味とのこと。

商品は9月初旬頃の発送予定。

●IRON MAIDEN浮世絵
「地獄太夫実ハ壊泥」(じごくだゆうじつはエディ) 

吉原の人気花魁(おいらん)に会いに来た呉服問屋の若旦那が、花魁を鏡越しに見たら、美しい顔がお面で、その下からエディが不適な笑みを浮かべている姿を見て、腰を抜かしてしまった・・・という話しを、当時の江戸の浮世絵師が、若旦那の証言を元に描いた妖怪図。エディ史上初の女性に変化した構図で、悪戯心のある作風に仕上がりました。

108,000円(送料込・税込)
税抜 100,000円

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.ukiyoeproject.com/iron-maiden.html