HOME > ニュース >

ドキュメンタリー『N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン』 公開初日トークショーのレポートが到着

2016/04/06 15:41掲載
N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン
N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン
伝説的ヒップホップグループN.W.A.の今まで明かされることのなかった内幕に迫るドキュメンタリー『N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン』。4月2日にヒューマントラストシネマ渋谷にて行われた公開初日のトークショー・イベントのレポートが到着。この日は、本作の字幕監修を務めた丸屋九兵衛氏が登壇し、本作の見どころや、本家『ストレイト・アウタ・コンプトン』では明かされなかった裏話を解説しています。

以下トーク内容を抜粋
(トランスワールドアソシエイツより)



■ロンゾ・ウィリアムズに関して
『SOC』だと、クラブのオーナーにしか見えなかったロンゾ・ウィリアムズですが、実はワールド・クラス・レッキン・クルーというグループを率いていたリーダーで、DJ改めプロデューサーでもあり、実はアーティストだったんですね。その辺りがまったく描かれないまま、ドレーの音楽性に理解のない頑固なおじさんとしてしか描かれていないと。その辺りが、こちらの作品ですと、本人が出て来て色んな証言をしてくれていると言うところがメリットであります。ワールド・クラス・レッキン・クルーという西海岸のヒップホップを聴いて来た人間には常識なグループも『SOC』では、一言も言及されないという。あれだけ観てると単なるクラブのオーナーのおっちゃんにしか見えないというのが可哀想なところですけどね。

■脱退メンバー、アラビアン・プリンスに関して
『SOC』では、アラビアン・プリンスのアの字も出てこなかったでしょ?(メンバーが下から見上げている)『Straight Outta Compton』のアルバムジャケットを見てみればわかるんですが、あそこには6人いるんですよね。このアルバムでも「Something 2 Dance 2」っていう、最後に唐突に入っている、ダンサブルなエレクロ曲を仕切っているのがアラビアン・プリンスという。それ以外にも「パニック・ゾーン」という曲でもイニチアチブ握っていたり、J.J.FAD(JJ・ファッド)「Supersonic」という曲をプロデュースしたりして、つまりすごくエレクトロな人なんですよね。今で言うエレクトロではなくて、LA弁でいうところのテクノホップね。だからそのちょっと前の時代にあたる音楽性を代表する人だからこそ、後のN.W.A.でいらなくなっちゃったんだなぁという気はするんですけど、この映画での証言映像っていうのはかなり新しいものであるにも関わらず、かなり若若しくはつらつとした姿を見せて、非常にうらみがましいことを言うでもなく、すごくニュートラルな証言を見せてくれるので、その辺りの人格者ぶりは中々のものですね。


■スティーヴ・ヤノに関して
そして何と言っても私が絶対に言及しておきたいのが、スティーヴ・ヤノさんね。日系アメリカ人のヤノさん、通称"南カリフォルニアで最も危険なレコード屋"。何が危険かっていうと、まだリリースされていないはずのレコードまでそこで買えるっていう。(笑)そのヤノさんがやっていたレコード店、といっても、フリーマーケットに出しているブースなんですけど、そのブースを介して知り合い連絡を取れたのが、ドレーとイージー・Eだという。いろんな矛盾する証言はあるのですが、どうやらイージーは、ドラッグ・ディーラーから転職して、ヤノさんを見習ってレコード屋さんになりたかったらしい、と。一方、ドレーは、理解のないロンゾ・ウィリアムズに嫌気をさして、ヤノさんに「レーベルを作りませんか?」と持ち掛けていたという。その2人の野望がまったく違う形で成就したのが、ルースレスであり、N.W.A.となるわけなんですね。


本作はDVD版が6月3日に発売されます。

以下は以前に公開された日本版予告編映像

●『N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン』


<東京>
4/2(土)〜2週間レイトショー ヒューマントラストシネマ渋谷
http://www.ttcg.jp/human_shibuya/

<大阪>
4/16(土)〜1週間限定レイトショー シネ・リーブル梅田
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/

<京都>
4/23(土)〜4/29(金)17:20〜 / 4/30(土)〜5/6(金)15:10〜
立誠シネマプロジェクト http://risseicinema.com

<福岡>
4/30(土)レイトショー KBCシネマ
http://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/

<愛知・名古屋>
5/14(土)1週間限定 センチュリーシネマ
http://www.eigaya.com/theater/century/

【INTRO】
イージー・E、アイス・キューブ、ドクター・ドレーらによって結成された、ギャングスタ・ラップの草分け的存在として知られる米西海岸の伝説的ヒップホップ・グループN.W.A.のドキュメンタリー。カリフォルニア州コンプトンで生まれ育ち、N.W.A.を結成。成功までの道のりと、実質的解散に至るまでの全貌、イージー・Eの波乱万丈の短い生涯を、N.W.A.のメンバーや、元メンバーのアラビアン・プリンス、マネージャーのジェリー・ヘラー、脱退後のドクター・ドレーとデス・ロウ・レコードを立ち上げるシュグ・ナイト、そしてイージー・Eとドクター・ドレーをつないだ日系人のスティーヴ・ヤノなど、関係者の貴重な証言とともに紐解いていく!

【STAFF】
監督・製作総指揮:マイク・コルベラ
共同監督・製作総指揮・製作:アンドレ・レリス
製作:マーク・ランス/ジェシカ・ベネット/ウィル・コンリー/フローレス
撮影:アンドリュー・パーク
編集:カテリーナ・ヴァレンティ/ジーン・セネリエ/ジョン・テリオ

【CAST】
イージー・E
ドクター・ドレー
アイス・キューブ
DJ イェラ
MC レン
ジェリー・ヘラー
アラビアン・プリンス

2015年/アメリカ/原題:N.W.A & Eazy-E Kings of Compton/カラー/本編approx.80min/16:9ビスタサイズ/音声:オリジナル(英語)5.1ch ドルビーデジタル/日本語字幕/配給:トランスワールドアソシエイツ
(c) 2015 VISION MUSIC INC & STS MEDIA EAZY-E INC. ALL RIGHTS RESERVED.