HOME > ニュース >

キース・エマーソンが生前に取り組んでいた自身のドキュメンタリー映画、新たなIndiegogoキャンペーン実施中

2016/03/22 13:58掲載
Keith Emerson
Keith Emerson
エマーソン、レイク&パーマー(Emerson, Lake And Palmer)で知られるキース・エマーソン(Keith Emerson)が生前に取り組んでいた自身のドキュメンタリー映画『Pictures of an Exhibitionist』。クラウドファンディングサイトのIndiegogoにて新たな資金調達キャンペーンが実施されています。

この作品は、2003年に出版されたキースの同名自伝(邦題:キース・エマーソン自伝)を基にしたドキュメンタリーで、キース自身もエグゼクティブ・プロデューサーとして製作に参加。また映画のスコアを手掛ける計画もあったようです。監督は、この作品が初の長編作品となるジェイソン・ウッドフォード。映画は2007年頃から製作が行われており、キースや関係者のインタビュー、アーカイブ映像などで構成された作品になる模様です。

キース没後も製作を継続させる考えで、「我々はキースの物語を世に出すことが、今までもそうであったのと同じぐらい、重要で必要なことだと感じています」と説明し、引き続き支援を呼び掛けています

以下は本編映像などを用いたキャンペーンのプロモーション映像





●Indiegogo内 作品ページ
https://www.indiegogo.com/projects/keith-emerson-doc-pictures-of-an-exhibitionist#/