HOME > ニュース >

ジョージ・マーティンが手がけたドキュメンタリーシリーズ『Soundbreaking』、トレーラー映像などが公開

2016/03/15 00:07掲載(Last Update:2016/03/15 13:01)
Soundbreaking
Soundbreaking
ジョージ・マーティン(George Martin)が近年、息子のジャイルズ・マーティンと共に制作を手がけていたTVドキュメンタリー・シリーズ『Soundbreaking』が2016年11月に米国の公共放送PBSにて放送される予定。トレーラー映像と、本編映像の一部であるリンゴ・スター(Ringo Starr)とジョージ・マーティンの対談映像が公開されています。

また以前にビートルズ(Beatles)の公式YouTubeチャンネルでも公開されたジョージ・マーティンのトリビュート映像も『Soundbreaking』のYouTubeチャンネルにて公開されています。このトリビュート映像は『Soundbreaking』からの映像が使われているようです。

このドキュメンタリーは、レコーディング・テクノロジーの進化をテーマにした全8部からなるシリーズで、150人以上のアーティストやプロデューサーのインタビューを収録しています。

各エピソードでは、ジョージ・マーティンやフィル・スペクターといった名プロデューサーをフィーチャーしたり、ヒップホップにおけるサンプリングに着目したりしているとのこと。番組の詳細は3月14日にオースティンの<SXSW>で明らかにされる予定です。

インタビュー出演は

Paul McCartney
Brian Eno
Nile Rodgers
Quincy Jones
Rick Rubin
Tony Visconti
RZA
Joni Mitchell
Dave Grohl
Questlove
Bon Iver
Beck
Ad-Rock
Roger Waters
Daniel Lanois
Mark Ronson
Ringo Starr
Roger Daltrey
Willie Nelson
B.B. King
Debbie Harry
Darryl "D.M.C." McDaniels

ほか

トレーラー映像


リンゴ・スターとジョージ・マーティンの対談映像




ジョージ・マーティンのトリビュート映像