HOME > ニュース >

アイアン・メイデンのジャンボジェット「ED FORCE ONE」がチリで損傷

2016/03/13 23:15掲載
Iron Maiden - ED FORCE ONE
Iron Maiden - ED FORCE ONE
アイアン・メイデン(Iron Maiden)が2016年<Book of Souls>ワールド・ツアーの移動で乗り込む、ヴォーカルのブルース・ディッキンソン(Bruce Dickinson)が自ら操縦するメイデン・ジャンボ・ジェット「ED FORCE ONE」。チリのサンティアゴにあるアルトゥロ・メリノ・ベニテス国際空港にて、滑走路を移動中に地上の車両に接触、着陸装置とエンジン2基が損傷する事故が起きています。当時、バンドのメンバーは同機には乗っていませんでしたが、地上作業員2人が負傷して病院に搬送されています。バンド側の発表では2人は回復が予想されているようです。ニュース映像と写真あり。

バンドによれば、損傷箇所をチェックしているフライト・エンジニアによる初見で、エンジンが大きく損傷しているため長期間のメンテナンスが必要と言われているようです。

なお、バンドは次の公演先であるアルゼンチンまで別の交通手段で移動すると発表しています。

#NEWSIron Maiden's DAMAGED Ed Force One 747 on Runway in Chile.Thanks video Rob Still.

Iron Maiden Collectionさんの投稿 2016年3月12日


ED FORCE ONE BADLY DAMAGED ON THE GROUND IN COMODORO ARTURO MERINO BENITEZ (SANTIAGO, CHILE) AIRPORTCONCERTS IN...

Iron Maidenさんの投稿 2016年3月12日