HOME > ニュース >

シニード・オコナーとアヴァ・チェリーがボウイを追悼、ベネフィット・コンサートにてボウイ曲をカヴァー

2016/03/06 22:06掲載
Sinead O’Connor
Sinead O’Connor
シニード・オコナー(Sinead O’Connor)、そしてデヴィッド・ボウイ(David Bowie)のかつてのパートナーであるアヴァ・チェリー(Ava Cherry)がボウイを追悼。シカゴで行われたベネフィット・コンサートにてボウイ曲をそれぞれカヴァーしています。

このコンサートは、シカゴのコンサートホールMetro Chicagoの創設者で、最近舌がんから回復したジョー・シャナハンの復帰を祝して同ホールにて行われれたもの。収益はがん研究のために寄付されています。

当日、シニード・オコナーは「Life on Mars」と「Sorrow」をカヴァー。またボウイの『ヤング・アメリカンズ』に参加し公私とも彼のパートナーとなったアヴァ・チェリーは「Young Americans」をカヴァーしています。いずれも映像あり

●Sinead O'Connor - Life on Mars and Sorrow


●Ava Cherry - Young American