HOME > ニュース >

上橋菜穂子のファンタジー大作を実写ドラマ化、NHK『精霊の守り人』がティーザー映像を公開

2016/03/04 17:19掲載
NHK 大河ファンタジー「精霊の守り人」
NHK 大河ファンタジー「精霊の守り人」
作家・上橋菜穂子の日本発ファンタジー大作『精霊の守り人』シリーズを全編4K実写ドラマ化。NHK総合『精霊の守り人』が3月19日よりスタート。第1回のティーザー映像が公開されています。人と精霊が共生していた世界で女用心棒バルサと幼い王子チャグムの冒険が始まる。



●大河ファンタジー「精霊の守り人」
NHK 総合 (土)夜9:00〜<3月19日スタート!>(連続4回)

女用心棒のバルサは新ヨゴ国の王子チャグムが川に転落したところへ通りがかり、命を救った。宮殿に連れて行かれたバルサは、妃から「王子を連れて逃げてほしい」と頼まれる。チャグムには精霊の卵が宿ったが、その精霊は悪しき魔物と言われており、帝から暗殺されようとしていると言うのだ。やむなくチャグムを連れて逃亡するバルサ。王宮からは-刺客が放たれ、異界の魔物が王子に宿る卵を狙っていた。バルサは闘い、生きる厳しさと-身を守る術をチャグムに教えていく。やがて、精霊と交信できる呪術師たちの協力を得て-、精霊の真の姿が分かってくる。卵が孵化する時期が迫っていた。いつまでも逃げている-わけにはいかない。バルサたちはついに、刺客と魔物との決戦の時を迎える…!

http://www.nhk.or.jp/moribito/