HOME > ニュース >

スポークむきだしの自転車の車輪を機械で回転させてアコースティック・ギターを演奏、パフォーマンス映像が話題に

2016/03/04 01:50掲載
The Rhysonic Wheel
The Rhysonic Wheel
外枠を外してスポークがむきだしの状態になった自転車の車輪を機械で回転させ、そこにアコースティック・ギターを近づけてリズム・ギター&パーカッションとして演奏したパフォーマンス映像が話題に。ニュージーランド在住のミュージシャン、ピート・オコーネルが設計した「The Rhysonic Wheel」という楽器。映像自体は以前よりアップされていましたが、最近になって海外メディアに取り上げられて話題に