HOME > ニュース >

『「ビートルズと日本」熱狂の記録 〜新聞、テレビ、週刊誌、ラジオが伝えた「ビートルズ現象」のすべて』が発売

2016/02/26 13:32掲載
Beatles
Beatles
「ビートルズと日本」の歩みを一冊の本にした『「ビートルズと日本」熱狂の記録 〜新聞、テレビ、週刊誌、ラジオが伝えた「ビートルズ現象」のすべて』がシンコーミュージックから3月末発売予定。

ビートルズ(Beatles)が主に活動していた期間である1963年1月1日から1970年12月31日に、日本でビートルズがどう扱われ、どんなふうに日本と関わり、どんな足跡を残していったかをまとめた一冊。

著者の大村亨氏は新聞10紙(朝日、読売、毎日、東京、報知、日刊スポーツ、サンケイスポーツ、デイリースポーツ、スポーツニッポン、東京中日スポーツ)、テレビ番組、ラジオ番組、週刊誌15誌(文春、新潮、朝日、女性自身、プレイボーイ、アサヒ芸芸能など)をすべて把握しているとされ、それらを元に詳細な「ビートルズと日本」の歩みを一冊の本にまとめています。合計182万ページを分析したという本書は、当時の記録資料を縦横無尽に使い倒して論じたビートルズ・アーカイヴ本です。
●『「ビートルズと日本」熱狂の記録 〜新聞、テレビ、週刊誌、ラジオが伝えた「ビートルズ現象」のすべて』
大村 亨 (著) 528ページ予定

・日本滞在を時間単位で追った完全ドキュメント
・新聞30万ページ、スポーツ新聞37万ページ、週刊誌115万ページを徹底分析
・“記憶"ではなく“記録"から浮かび上がる当時の真相
・ビートルズの激レア写真&グッズが満載!