HOME > ニュース >

エリック・クラプトンの新アルバム『I Still Do』にジョージ・ハリスンのギターとヴォーカルが収録か

2016/02/20 00:25掲載(Last Update:2016/02/21 17:18)
Eric Clapton / I Still Do
Eric Clapton / I Still Do
エリック・クラプトン(Eric Clapton)の新アルバム『I Still Do』に、ジョージ・ハリスン(George Harrison)のアコースティック・ギターとヴォーカルが収録される模様。クラプトンが公式サイトで発表した参加ミュージシャンのクレジットの中に「Angelo Mysterioso - Acoustic Guitar & Vocals on “I Will Be There”」があり、この“Angelo Mysterioso”はジョージの変名だとオーストラリアの音楽サイトnoise11などが指摘しています。ジョージは“L'Angelo Misterioso”という別名義を持っていたことでも知られています。

アルバムは海外で5月20日発売。リリース元はクラプトン自身のBushbranch RecordsとSurfdog Records。

2013年の『Old Sock』、2014年のJ.J.ケイルへのトリビュート作品『The Breeze: An Appreciation of JJ Cale』に続く通算23作目のソロ・アルバム。

1977年の『Slowhand』と翌78年の『Backless』を手がけたグリン・ジョンズを久々にプロデューサーに起用。アルバムにはボブ・ディラン(Bob Dylan)「I Dreamed I Saw St. Augustine」やロバート・ジョンソン(Robert Johnson)「Stones in My Passway」のカヴァーのほか、クラプトン自身によるオリジナル曲も収録されます。レコーディングにはヘンリー・スピネッティ(Dr)、デイヴ・ブロンズ(B)、アンディ・フェアウェザー・ロウ(G)、ポール・キャラック(organist)らが参加。

アルバム・ジャケットアートには、ビートルズ『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』を手がけたことで知られるピーター・ブレイクによるクラプトンのイラストレーションを採用しています。

クラプトンは、「これはグリン・ジョンズと再び共に働く長いこと延び延びになっていた機会でした。そして同じく、ついでに、Slowhand の40周年記念です」と本作について述べています
●『I Still Do』

1. Alabama Woman Blues
2. Can't Let You Do It
3. I Will Be There
4. Spiral
5. Catch The Blues
6. Cypress Grove
7. Little Man, You've Had a Busy Day
8. Stones In My Passway
9. I Dreamed I Saw St. Augustine
10. I ll Be Alright
11. Somebody's Knockin'
12. I'll Be Seeing You

MUSICIAN CREDITS:
Eric Clapton: Guitars, Tambourine & Vocals
Henry Spinetti: Drums & Percussion
Dave Bronze: Double Bass & Electric Bass
Andy Fairweather Low: Electric & Acoustic Guitar, Backing Vocals
Paul Carrack: Hammond Organ & Backing Vocals
Chris Stainton: Keyboards
Simon Climie: Keyboards, Electric & Acoustic Guitar
Dirk Powell – Accordion, Mandolin & Backing Vocals
Walt Richmond – Keyboards
Ethan Johns – Percussion
Michelle John – Background Vocals
Sharon White – Background Vocals
Angelo Mysterioso - Acoustic Guitar & Vocals on “I Will Be There”

ALBUM CREDITS:
Produced by: Glyn Johns