HOME > ニュース >

仲井戸“CHABO”麗市のエッセイ&旅行記『ロックの感受性』が文庫化

2016/02/19 14:44掲載
立東舎文庫『ロックの感受性』(仲井戸麗市 著)
立東舎文庫『ロックの感受性』(仲井戸麗市 著)
仲井戸“CHABO”麗市の精神的/音楽的なルーツを巡るエッセイと旅行記『ロックの感受性』(2002年)が文庫化。立東舎文庫の新刊として3月18日発売
●立東舎文庫『ロックの感受性』
著者:仲井戸 麗市
定価:864 円(本体800円+税)
仕様:A6 判/ 224ページ
発売日:2016.3.18
ISBN:9784845627820

チャボの精神的/音楽的なルーツを巡るエッセイと旅行記

切なさと懐かしさいっぱいの自伝的なエッセイと、ブルースを探し求めたアメリカ探訪記。つまりは、仲井戸“CHABO"麗市の精神的なルーツと音楽的なルーツの双方を巡るテキストが、本書の中心となっています。ビートルズ(来日公演! )、ジャズ喫茶、古井戸、忌野清志郎といった音楽的なトピックの後ろに見え隠れする、60年代、新宿、昭和の日々。そしてブルース発祥の地ミシシッピー・デルタ地帯からシカゴまで、ロバート・ジョンソン、チャーリー・パットン、ベッシー・スミス、マディ・ウォーターズらの足跡を辿った旅日記は、仲井 戸麗市の感受性がいかに育まれてきたかを静かに物語っています。さらに最終章では、50歳の時点での想いを赤裸々に吐露。年齢というテーマが、本書を通じて流れていることに気付かされます。

※この作品は、2002年に平凡社新書で刊行されたものです。

【CONTENTS】
Ⅰ ビートルズから始まった〜新宿・60年代・音楽
Ⅱ ロックの感受性〜ある日の雑記帳
Ⅲ ブルースを探して〜アメリカ南部の旅日記'93
Ⅳ そして旅はつづく〜キープ・オン・ロッキン