HOME > ニュース >

アフロ・ケルト・サウンド・システムが11年ぶりの新アルバム『The Source』を4月発売、新曲「Cascade」のMVあり

2016/02/17 15:12掲載
Afro Celt Sound System / The Source
Afro Celt Sound System / The Source
ケルト音楽のメロディと西アフリカ音楽のリズムを現代的に融合させたアフロ・ケルト・サウンド・システム(Afro Celt Sound System)が11年ぶりの新アルバム『The Source』を海外で4月29日発売。リリース元は新たに移籍したECC Records。

今年デビュー20周年を迎える彼らがスタジオ・アルバムを発表するのは2005年の『Volume 5: Anatomic』以来。グループの創設者でプロデューサーのサイモン・エマーソンと新たなコア・メンバーであるGriogair(vocals, piping, guitars)を中心に、kora(vocalist)、N’Faly Kouyate(balafon player)、Johnny Kalsi(Dhol drummer)らを迎えて制作を行っています。

アルバムは全13曲入り。現在、新曲「Cascade」のミュージックビデオが公開されています

●『The Source』

1. Calling in the Horses
2. Beware Soul Brother
3. The Magnificent Seven (ACSS meets TDF)
4. Cascade
5. A Higher Love (tune 'Monkswell Road')
6. Honey Bee
7. Where Two Rivers Meet
8. Mansani Cissé/Tàladh
9. Child of Wonder
10. Desert Billy (tune 'The Balcony')
11. The Communicator
12. The Soul of a Sister
13. Kalsi Breakbeat