HOME > ニュース >

ジョージ・ハリスンの2014年トリビュート・コンサート<George Fest>からThe Black Ryderによる「Isn't It A Pity」が試聴可

2016/02/17 13:14掲載
VA / George Fest: A Night To Celebrate The Music Of George Harrison
VA / George Fest: A Night To Celebrate The Music Of George Harrison
2014年に開催されたジョージ・ハリスン(George Harrison)のトリビュート・コンサート<George Fest: A Night To Celebrate The Music Of George Harris>。この模様を収めたライヴ作品からThe Black Ryderによる「Isn't It A Pity」が試聴可



発売は日本、海外ともに2月26日。リリース元は海外はHot/Vagrant、日本はソニー・ミュージック。

“ジョージ・フェスト:ジョージ・ハリスンの音楽を祝う夕べ”と題されたこのコンサートは、2014年9月28日にロサンゼルスのフォンダ・シアターで行われたもの。当日は、ビートルズ時代からソロ、トラヴェリング・ウィルベリーズへと至るジョージ・ハリスンの名曲の数々をジョージを敬愛するアーティスト達がカヴァー。息子のダニー・ハリスン(Dhani Harrison)をはじめ、ブライアン・ウィルソン、ノラ・ジョーンズ、ベン・ハーパー、ハートのアン・ウィルソン、ザ・キラーズのブランドン・フラワーズ、ジェーンズ・アディクションのペリー・ファレル、ザ・ストロークスのニック・ヴァレンシ、アル・ヤンコヴィック他が出演しています。

海外で発売されるのは、2CD+DVD、2CD+Blu-rayの限定デラックス・エディション、LP3枚組(180グラム重量盤)、デジタル・ダウンロード。日本では2CD+DVD、2CD+Blu-rayの限定デラックス・エディションと2CDの通常盤が発売される予定。日本版CDはBlu-spec CD2仕様です。

DVD、BDにはコンサート映像に加え、ハリスン家所有にジョージ・ハリスンの貴重な映像も収録。バックステージやリハーサル中のミュージシャン達が、ジョージ・ハリスンから受けた影響について語るインタビュー映像も収められます。

プロデュースを手がけたのはダニー・ハリスンとデヴィッド・ゾンシャイン。

ダニー・ハリスンは「僕と同世代のミュージシャンが、小さなクラブで父のキャリアの中でもディープな楽曲を自由に演奏するショウを今までずっと思い描いていたんだ。そして、今回はまったく新しく鮮やかな形で、自分が一番大切に思ってきた音楽界のヒーローたちと再びステージを共にし、僕の人生で一番馴染みのある曲を演奏する自分がいた。…皆さんにもこの録音を僕と同じように楽しんでもらえますように。父の曲に、今までできると思いもよらなかった最高の解釈が施されています」とコメントしています。

以下は以前に公開された映像

「Let It Down」


「I Me Mine」


「Here Comes The Sun」


「Handle With Care」


トレーラー映像
●『ジョージ・フェスト:ジョージ・ハリスン・トリビュート・コンサート』
George Fest: A Night To Celebrate The Music of George Harrison
2016年2月26日発売予定
日本盤:高品質Blu-spec CD2仕様

☆完全生産限定盤:2CD+BD \\5000+税 /2CD+DVD \\4000+税
☆通常盤: 2CD \\2800+税
☆LP(輸入盤):3LP  
☆デジタル:2CDと同内容 27曲収録

【収録曲】
[DISC 1]
01 Introduction
02 Conan O’Brien - "Old Brown Shoe"
03 Britt Daniel from Spoon - "I Me Mine"
04 Jonathan Bates with Dhani Harrison - "Ballad of Sir Frankie Crisp (Let It Roll)"
05 Norah Jones - "Something"
06 Brandon Flowers from The Killers - "Got My Mind Set On You"
07 Heartless Bastards - "If Not For You"
08 Ian Astbury from The Cult - "Be Here Now"
09 Nick Valensi from The Strokes - "Wah-Wah"
10 Jamestown Revival - "If I Needed Someone"
11 Black Rebel Motorcycle Club - "Art of Dying"
12 Dhani Harrison - "Savoy Truffle"
13 Chase Cohl with Weezer's Brian Bell on guitar - "For You Blue"
14 Ann Wilson from Heart - "Beware Of Darkness"

[DISC 2]
01 Dhani Harrison - "Let It Down"
02 Ben Harper - "Give Me Love (Give Me Peace On Earth)"
03 Perry Farrell from Jane's Addiction - "Here Comes The Sun"
04 "Weird Al" Yankovic - "What Is Life"
05 Norah Jones - "Behind That Locked Door"
06 Brian Wilson with Al Jardine - "My Sweet Lord"
07 The Black Ryder - "Isn't It A Pity"
08 Butch Walker - "Any Road"
09 Karen Elson - "I’d Have You Anytime"
10 Cold War Kids - "Taxman"
11 The Flaming Lips - "It’s All Too Much"
12 Brandon Flowers, Dhani Harrison, Jonathan Bates, "Weird Al" Yankovic, Britt Daniel, and Wayne Coyne - "Handle With Care"
13 Ann Wilson, Dhani Harrison, Karen Elson, and Norah Jones - "All Things Must Pass"