HOME > ニュース >

「赤いスイートピー」と「神田川」をオリジナルドラマ化 BSジャパン開局15周年特別企画『青春の名曲ストーリー 』が3月12日放送

2016/02/11 02:44掲載
BSジャパン開局15周年特別企画 『ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー “赤いスイートピー” 』
BSジャパン開局15周年特別企画 『ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー “赤いスイートピー” 』
「赤いスイートピー」と「神田川」を大人向けにオリジナルドラマ化。1960年代〜80年代のヒット曲をもとにして描く完全オリジナルドラマ『ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー “赤いスイートピー” “神田川”』がBSジャパン開局15周年特別企画として3月12日(土)放送されます。

エピソード曲には、今でもカラオケなどで歌われる「赤いスイートピー」と「神田川」を選曲。それぞれの曲をモチーフにオリジナルストーリー化し、実力派俳優陣を迎えて放送するオムニバスドラマです。

●BSジャパン開局15周年特別企画
『ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー “赤いスイートピー” “神田川”』
2016年3月12日(土)夜9時〜10時55分

☆第一話 「赤いスイートピー」

[あらすじ]
独身を謳歌する羽鳥弓子(浅野温子)は、恋愛小説家として成功し、順風満帆な日々を送っていた。そんなある日、住み込みのアシスタント面接にジーンズ&パーカー姿でやって来た鈴木早織(桜庭ななみ)と出会う。弓子は、ミュージシャン志望でお金のために来たという早織を気に入り採用。敬語を使わず思ったことを口にする早織に翻弄されながらも二人は徐々に打ち解けていく。ある晩、ひょんなことから授賞式の写真に混じって制服姿の弓子と青年の2ショットを見つけた早織は、思わずその写真を手に取る。その様子を見た弓子は胸に秘めた初恋の思い出をポツリポツリと話し始め、当時に思いを馳せる。 数日後、ギター片手に早織が歌う赤いスイートピーを聴いた弓子は思わず歌を止めるよう迫り、二人は大ゲンカをしてしまい…。弓子の忘れられない初恋とは?そして、早織が「赤いスイートピー」を歌った理由とは?

[出演者]
羽鳥弓子(50) …… 浅野温子
鈴木早織(22) …… 桜庭ななみ

☆第二話 神田川

[あらすじ]
定年退職を迎え、張り合いのない毎日に居心地の悪さを感じていた根岸和雄(大杉漣)は、派遣で働きながら自主映画製作を続ける息子・賢太郎から連絡を受け、賢太郎のアパートへ。そこで同棲相手の森川すみれ(前田亜季)を紹介され言葉を失う。すみれは和雄が大学時代に付き合っていた恋人・平松塔子(前田亜季)に瓜二つだったのだ。塔子との同棲生活と共に、漫画家の夢を追いかけていた頃を思い出す和雄。ところが数日後、友人に連れられて行ったキャバクラで派手なドレスを着て接客をするすみれの姿が…。賢太郎に内緒で父親の借金返済のために働いていることを知った和雄は、すみれが悪い男に絡まれないようにと、帰り道を密かに警護することにしたが…。時を超えてリンクするすみれと塔子。和雄がすみれを守ろうとする背景にある想いとは?

[出演者]
根岸和雄(65) …… 大杉 漣
森川すみれ(26)/平松塔子(26) …… 前田亜季

[スタッフ]
【監督】星田良子
【脚本】和田清人

http://www.bs-j.co.jp/meikyokustory/