HOME > ニュース >

ローランド 「JAZZ CHORUS」を継承したギターアンプ型Bluetoothスピーカー「JC-01」を発売

2016/01/26 18:52掲載(Last Update:2016/02/03 00:51)
JC-01 Bluetooth Audio Speaker
JC-01 Bluetooth Audio Speaker
ローランドがギターアンプ型Bluetoothスピーカー「JC-01」を発売。デビューから40年、最もスタンダードなギター・アンプのひとつとしてミュージックシーンの第一線で活躍する「JAZZ CHORUS」のデザインを継承したオーディオ・スピーカーです。

“ギター・インプットを持たない最も小さなJAZZ CHORUS”こと「JC-01」では、記憶に残る印象的なデザインと、透き通るような“JC クリーン” サウンドのコンセプトを継承。加えて、低域、中域、高域の3バンド・イコライザーの搭載や、コンパクトなサイズ感からは想像できない重低音サウンドなど、JCスピリットが細部にまで息づいています。さらに、Bluetooth接続対応機器でのハンズフリー通話にも対応しています。

販売は2月中旬より。

【追記:2016/2/3】
発売日が2月12日に決定。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円前後。Amazonでも取り扱っています。



●『JC-01 Bluetooth Audio Speaker』
価格:オープン価格
発売日:2月中
初年度販売予定台数(国内/海外計):10,000台
外形寸法:187(幅)×69(奥行)×97(高さ)mm
質量:650g

☆BluetoothR オーディオ機能と充電式リチウムイオン電池を搭載
☆JC シリーズらしい、高精細でクリアなワイドレンジ再生
☆3 バンド・イコライザー装備により、手軽に好みのサウンドを演出可能
☆ROLAND JC シリーズの伝統的なデザインを継承
☆内蔵マイクとスピーカーを使用することで、ハンズフリー通話を実現
☆AUDIO IN 端子とBluetoothR 接続を同時に使用し、2つのオーディオをミックスして鳴らすことが可能

<本物のJAZZ CHORUS が、オーディオ・スピーカーとして登場>

JC-01 がJAZZ CHORUS を名乗るのはデザインだけがその理由ではありません。ギターの入力端子は持っていませんが、世界標準でありつづけるギター・アンプとしての設計思想は、その細部にまで受け継いでいます。

<楽器メーカーが作るこだわりのAudio Speaker>

JAZZ CHORUS の透き通るようなステレオ・サウンド。JC-01 は、2つの2インチ(5cm)・スピーカーを小さなボディに詰め込んでそのサウンドが継承されています。高域の透明感があり高精細でクリアな音場を提供します。また、内蔵のパッシブ・ラジエーターは、この小さなサイズでのパワフルな重低音サウンドを実現。そして、Bluetooth Audio Speaker では珍しい3バンド・イコライザーを搭載しており、手軽に好みのサウンドへ調整できます。また、手がふさがっていても電話で通話をすることができるハンズフリー機能や、Bluetooth Audio とAUDIO IN のミックス再生が可能など、便利な機能が充実しています。

http://www.roland.co.jp/products/jc-01/