HOME > ニュース >

野菜で作られた楽器を演奏する野菜オーケストラによるクラフトワークのカヴァー「Radio-Activity」が話題に

2016/01/23 23:30掲載
The Vegetable Orchestra
The Vegetable Orchestra
野菜で作られた楽器を演奏する野菜オーケストラによるクラフトワーク(Kraftwerk)のカヴァー「Radio-Activity」が話題に。演奏は、オーストリアのウィーンで1998年に結成されたThe Vegetable Orchestra。パンプキンやニンジン、ピーマン、キュウリ、セロリアックなどを楽器に変えて演奏しています。



この音源は彼らのアルバム『AUTOMATE』に収録。アルバムは以下で聴けます



以下はグループのミニ・ドキュメンタリー映像